地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > スポーツ
<平昌五輪>全競技場仕上げ段階…組織委員長が準備状況を説明
駐日大使館で準備状況を説明する李熙範委員長
 開催まで1年となった2018平昌冬季五輪・パラリンピックの李煕範組織委員長は15日、東京港区の韓国大使館で在日メディアと懇談会を持ち、施設や交通網などの準備状況を説明した。

 李委員長は「五輪が行われる12競技場のうち、新設中の6会場の中で江陵アイスアリーナは昨年末に竣工し、残り5会場についても、スキーのコース、スケートのトラックともに工事を終え、平均工程率が96%に達している。補完・改装している6会場も94%となっており、全競技場が仕上げ段階にある」と工事の進捗状態を報告した。

 また、「国際放送センターは6月に、開・閉会式が行われる『オリンピックプラザ』も9月に竣工予定だ」と付け加えた。

 李委員長はこの後、韓国中央会館を訪れ、第71回中央委員会の席で、組織委員会の在日同胞諮問委員に任命状を伝達した後、同様の準備状況を説明した。

 李委員長は「平昌冬季五輪と冬季パラリンピックは、非ヨーロッパ諸国では、米国、カナダ、日本に次いで4番目に開催される大会であり、大韓民国の誇りを高める歴史的な契機となる」としながら、「韓国が初めて開催した88ソウル五輪が国家間の理念をこえて世界の人々を一つに結んだように、18平昌冬季五輪も世界が一つの情熱でつながる」と説明した。

 李委員長は平昌五輪について経済・文化・環境・平和・ICT(情報通信技術)の5つのコンセプトを掲げ、「そのためにも大韓民国の国民はもちろん、在日同胞の積極的な参与と熱い声援をお願いしたい。多くの観戦を待っています」と呼びかけた。

(2017.2.22 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他のスポーツニュース
<平昌五輪>男子フィギュア...
子役出身の人気者…持って生まれた表現力 平昌五輪の開幕まで150日を切ったが、最も注目度の高い競技と言えばフィギュ...
安昌林、銅メダル…世界柔道...
 ハンガリーで行われた柔道の世界選手権は8月30日、男子73キロ級で在日3世で韓国代表の安昌林選手が銅メダルを獲得した。2015...
韓国代表、苦しんでW杯へ…...
9大会連続は世界6番目 韓国が紆余曲折の末、9大会連続でFIFAワールドカップ(W杯)本選出場を決めた。韓国代表は5日、タシケン...

MINDAN All Rights Reserved.