地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > スポーツ
<平昌五輪>諮問委10人に委嘱状…李組織委員長、在日の協力に期待
李熙範委員長から委嘱状を受け取る崔相英会長(右)
 2018平昌冬季五輪大会及び冬季パラリンピック大会組織委員会の李熙範委員長は、15日の民団第71回定期中央委員会の席上、在日同胞社会を代表する10人に諮問委員の委嘱状を伝達した。

 10人は民団中央本部の呉公太団長、呂健二議長、韓在銀監察委員長、経済界の韓昌祐マルハン会長、民団傘下団体から韓商連の金光一会長、婦人会中央本部の朴善岳会長、体育会の崔相英会長、在日韓国人法曹フォーラムの李宇海会長のほか、東京韓国商工会議所の張永軾会長、宋栄奉直選中央委員。代表して体育会の崔会長が委嘱状を受け取った。

 李組織委員長は「平昌は3度目の挑戦で開催実現にこぎつけた。感慨深いものがある。来年2月9日から25日までの17日間、繰り広げられる。準備も着々と進んでいる」と説明。「18年の平昌、20年の東京、22年の北京と2年ごとに韓・日・中の3カ国が五輪を開催する。アジアの時代の幕開けだ」と強調し、「経済・文化・平和のオリンピック及びパラリンピックに、在日同胞の大きな力添えをお願いしたい」と期待を込めた。

(2017.2.22 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他のスポーツニュース
<平昌五輪>男子フィギュア...
子役出身の人気者…持って生まれた表現力 平昌五輪の開幕まで150日を切ったが、最も注目度の高い競技と言えばフィギュ...
安昌林、銅メダル…世界柔道...
 ハンガリーで行われた柔道の世界選手権は8月30日、男子73キロ級で在日3世で韓国代表の安昌林選手が銅メダルを獲得した。2015...
韓国代表、苦しんでW杯へ…...
9大会連続は世界6番目 韓国が紆余曲折の末、9大会連続でFIFAワールドカップ(W杯)本選出場を決めた。韓国代表は5日、タシケン...

MINDAN All Rights Reserved.