地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > スポーツ
<平昌五輪>諮問委10人に委嘱状…李組織委員長、在日の協力に期待
李熙範委員長から委嘱状を受け取る崔相英会長(右)
 2018平昌冬季五輪大会及び冬季パラリンピック大会組織委員会の李熙範委員長は、15日の民団第71回定期中央委員会の席上、在日同胞社会を代表する10人に諮問委員の委嘱状を伝達した。

 10人は民団中央本部の呉公太団長、呂健二議長、韓在銀監察委員長、経済界の韓昌祐マルハン会長、民団傘下団体から韓商連の金光一会長、婦人会中央本部の朴善岳会長、体育会の崔相英会長、在日韓国人法曹フォーラムの李宇海会長のほか、東京韓国商工会議所の張永軾会長、宋栄奉直選中央委員。代表して体育会の崔会長が委嘱状を受け取った。

 李組織委員長は「平昌は3度目の挑戦で開催実現にこぎつけた。感慨深いものがある。来年2月9日から25日までの17日間、繰り広げられる。準備も着々と進んでいる」と説明。「18年の平昌、20年の東京、22年の北京と2年ごとに韓・日・中の3カ国が五輪を開催する。アジアの時代の幕開けだ」と強調し、「経済・文化・平和のオリンピック及びパラリンピックに、在日同胞の大きな力添えをお願いしたい」と期待を込めた。

(2017.2.22 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
隣国親善は相互国益…白眞勲参院...
 民団中央本部が主宰する第214回記者・市民セミナーが26日、韓国中央会館(東京・港区)で開かれ、民進党の白眞勲国会議員が、韓日友好...
北の核・ミサイルを止めさせよう...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを受け...
<大阪高裁>在特会に賠償命令…...
 【大阪】在日韓国・朝鮮人排斥を掲げる「在日特権を許さない市民の会」(在特会)から差別的な発言を受けたとして、在特会と桜井誠元会長に...
その他のスポーツニュース
<平昌五輪>韓国代表選手た...
 24日に平昌冬季五輪開幕まで200日となった。連日30度を上回る猛暑が続く中、韓国代表選手たちは、これまで以上の熱い夏を送って...
在日3世・金知秀優勝…女子...
 16日までの2日間、キルギスタンで開かれていた柔道のアジアジュニア選手権大会で韓国代表として出場した在日3世の金知秀(兵庫・夙...
無事故めざしスクラム…五輪...
 平昌冬季五輪・パラリンピックの組織委員会は18日、韓国施設安全公団と「無事故での五輪開催成功のための業務協定」を締結した。 施...

MINDAN All Rights Reserved.