地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > スポーツ
<韓国>18平昌五輪に弾み…アジア冬季大会で総合2位
フィギュアスケートで金メダルを獲得した崔多彬の演技
 2月26日に閉幕した札幌冬季アジア大会で、韓国は目標を上回る金メダル16個を獲得し、2003年の青森大会以来、14年ぶりに総合2位に返り咲いた。平昌五輪に弾みをつけた。1位は日本、3位は中国だった。

 これまで金メダルを獲得できなかったフィギュアスケート、スノーボード、クロスカントリー(男子)でも金メダルを取った。金相恒選手団長(大韓スケート連盟会長)は「国民の皆さんを少しでも勇気づけられれば」と語った。

 平昌冬季五輪1年前で目標だった金メダル15個目は、25日にチョン・ドンヒョン(28)がスキーアルペン男子回転で達成。李承勲が男子5000叩1万叩団体追い抜き、マススタートで初の4冠を達成した。また、崔多彬(17)が冬季アジア大会としては韓国で初めてフィギュアスケートで金メダルを獲得した。韓国の冬季アジア大会での金メダル16は過去最多だ。

 韓国はこの日、クォン・イジュン(19)がスノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを追加、スキーアルペン女子回転のカン・ヨンソ(19)とスキージャンプ男子団体戦(チェ・フンチョル、チェ・ソウ、キム・ヒョンギ、イ・ジュチャン)は銅メダルを獲得した。

 26日の試合では、クロスカントリー女子15キロメートルのイ・チェウォン(35)とスキーフリースタイルモーグル男子チェ・ジェウ(23)が銀メダルを手にした。アイスホッケー男子の韓国代表チームは中国を10‐0で下してカザフスタンに次ぐ銀メダルを獲得した。

(2017.3.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他のスポーツニュース
<平昌冬季五輪>民団から組...
 平昌冬季五輪は、いよいよ2月9日開幕する。 民団は24日、平昌冬季五輪・パラリンピック成功のために、在日同胞社会で集めた募金2...
<平昌五輪韓国選手団・結団...
 平昌冬季五輪の韓国選手団結団式が24日、ソウルオリンピックパークテルのオリンピアホールで行われた。 結団式には、金志â...
「韓国と日本、写真で通じあ...
 平昌冬季五輪・パラリンピックの開催を控え、韓日交流写真展「韓国と日本、写真で通じ合う」(聯合ニュース・大韓民国歴史博物館・韓国...

MINDAN All Rights Reserved.