地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > スポーツ
在日3世の安昌林が銅メダル…世界柔道選手権
3位決定戦でグルジアのラシャ・シャフダトゥアシビリを延長のすえ勝利した安昌林(青)
 ハンガリーで行われている柔道の世界選手権は8月30日、男子73キロ級で在日3世で韓国代表の安昌林選手が銅メダルを獲得した。2015年世界選手権(カザフスタン・アスタナ)での銅に続き2度目。

 男子73キロ級はリオ五輪金メダルの大野将平選手が欠場する中、金メダルをねらう安選手が3回戦でイランのモハマドを背負い投げで破ると、4回戦はウクライナのアルテム選手を大内刈で「技あり」のポイントをとり、そのまま押さえ込んで一本勝ち。準々決勝でもモンゴルのガンバータル・オドバヤルに大内刈りで鮮やかな一本勝ちした。

 しかし、準決勝では世界ランキング2位のルスタム・オルジョフ(アゼルバイジェン)と対戦。
開始早々14秒、果敢な攻めで「技あり」のポイントをとり、さの勢いに乗って15秒後に払い腰をしかけたが、返されて逆転の一本負けを喫した。

 3位決定戦では気持ちを切り替えて、グルジアのラシャ・シャフダトゥアシビリと対戦。技の応酬で互いに「技あり」を一つずつとる接戦となった。試合は安選手が相手の力強い攻めを粘り強くしのぎ、延長戦に。そして延長3分過ぎに小外刈りで「技あり」のポイントを奪い銅メダルを獲得し、世界ランキング3位の意地を見せた。今大会、韓国のメダルは、男女含めてこれが初めてだ。

 前日に行われた66垉蕕砲蓮同じく在日3世の金琳煥選手も韓国代表で出場しベスト8まで進んだ。準々決勝で敗戦した後、敗者復活戦を勝ち進んだが3位決定戦で敗れ、メダルは逃した。

(2017.08.31 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他のスポーツニュース
<平昌五輪>男子フィギュア...
子役出身の人気者…持って生まれた表現力 平昌五輪の開幕まで150日を切ったが、最も注目度の高い競技と言えばフィギュ...
安昌林、銅メダル…世界柔道...
 ハンガリーで行われた柔道の世界選手権は8月30日、男子73キロ級で在日3世で韓国代表の安昌林選手が銅メダルを獲得した。2015...
韓国代表、苦しんでW杯へ…...
9大会連続は世界6番目 韓国が紆余曲折の末、9大会連続でFIFAワールドカップ(W杯)本選出場を決めた。韓国代表は5日、タシケン...

MINDAN All Rights Reserved.