地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > スポーツ
高級ホテルの不足に対応…5500室を観戦客用に転換
 平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会(李煕範委員長)が競技場周辺1時間以内のホテルとコンドミニアムなど、既存クライアントグループの宿泊施設5500室余りを観戦客用の宿泊施設に転換した。

 これらの施設は、大会に参加する国際五輪委員会(IOC)と国際競技連盟(IF)など、海外のクライアントグループに割り当てられた3〜5つ星クラスの高級宿泊施設で、これまで組織委員会は、IOCが要求する2万1254室を準備したが、クライアントグループ独自の宿泊施設の一部で余裕が出た。

 組織委員会は、この情報を江原道をはじめとする関係機関に提供し、10月中に組織委員会のホームページと江原道観光アプリをはじめ、海外宿泊予約サイトなどを通じて予約を受け付ける。

 これによって、五輪来場者はもちろん、開催都市と旅行業者も、より多くの宿泊施設を提供できるようになった。

 平昌冬季五輪観戦客用の宿泊施設は大会期間中、1日最大10万4000人中、60%が宿泊した場合、3万室が必要と推定され、組織委員会と開催都市はこれよりも多い4万2000室を確保しているが、比較的高級なホテルが不足していた。

 このような条件を反映して組織委員会は大会参加クライアントグループと運営人材宿泊施設を早期に確定し、余裕が出たホテルを一般観戦客宿泊施設に転換した。

 また、高騰していた宿泊価格の安定化への努力も進めている。

 組織委と開催都市、韓国観光公社、江原道宿泊業協会などは昨年10月に「宿泊対策協議会」を構成し定期的な会議を開き宿泊対策に関する協力関係を協議している。

 江原道は五輪に向け、開催都市全域の観光、宿泊、食事、交通などの情報が検索できるスマートフォン用のアプリ「ツアー江原」(韓日英中)4カ国語版)を提供している。

(2017.10.11 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
大桃美代子と歩く百済浪漫散歩…...
 旅行会社の三進トラベルサービスは10月27〜29日の2泊3日間、ユネスコ世界文化遺産に登録されている百済歴史遺跡地区を巡る「犂抬...
<各地光復節>祝祭ムード一色に...
 第72周年光復節を祝う式典が15日まで、各地で行われた。1部の記念式典こそ厳かな雰囲気で進行したが、2部以降は祝祭ムード一色。友人...
核実験強行の北韓糾弾…団長会議...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワークシ...
その他のスポーツニュース
絶好調!!ショートトラック...
女子 力示す両エース男子 躍り出た高校生 平昌五輪の出場枠がかかった国際スケート連盟のショートトラック・ワールドカップ(W杯)の...
爛▲献△梁臻き疝終弾…李...
 韓国で「国民的打者」と呼ばれ、日本では「アジアの大砲」として知られた韓国プロ野球を代表する強打者の李承内野手(41・三星ライ...
五輪プラザが完工…開・閉会...
五角形に目標込め 平昌冬季五輪と冬季パラリンピック大会の開・閉会式会場が9月30日に完工した。 2015年12月の着工から1年1...

MINDAN All Rights Reserved.