地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > スポーツ
<平昌五輪>数字が語る「平昌」…参加国数、韓国選手団が史上最多
開幕まで100日となり、泰陵選手村で李相花、李承勲、崔玟呂藏皀瓮瀬詬望選手らが勢揃いし合同記者会見(10月31日)
仁川空港に到着した聖火を点火する李洛淵首相とキム・ヨナさん
 開幕まで100日となった1日、韓国にとっては初の冬季五輪となる平昌大会の国内聖火リレーが始まり、オリンピックムードが高まり始めた。世界が注目する2018平昌冬季五輪・パラリンピックの特色を、さまざまな数字をキーワードに見ていこう。

■□
6 新種目

 スピードスケートの男女マススタート、スノーボードの男女ビッグエア、アルペンスキーの混合団体、カーリングの混合ダブルスが新種目に加わった。これにより15競技102種目となった。

■□
45、95 参加国・地域

 平昌五輪の参加国・地域は95、パラリンピックは45カ国と予想されているが、もしそうなれば、前回の14年ソチ五輪の88カ国を超え、史上最多国が参加することになる。

■□
58 仁川空港→平昌高速列車所要時間

 平昌五輪期間中、ソウルから平昌まで1時間以内で移動できるようになる。国内初の一般鉄道区間で最高時速250劼旅眤鉄道、KTXを運行する。列車は仁川空港に入国する選手や観戦客を輸送する予定であり、経由地のソウル・清涼里駅から平昌までは58分で到着する。

■□
102 金メダル数

 平昌五輪は雪上競技で61個、氷上競技で32個、スライディング競技で9個の合わせて102個の金メダルが競われる。前回の14年ソチ五輪の98個より4個増えた、冬季五輪史上最多の数だ。韓国は金メダル8個、銀メダル4個、銅メダル8個と計20個のメダルを目標に掲げている。

■□
2018 聖火リレー総距離

 聖火は慶尚南道統営市の亀甲船や全羅南道谷城郡の蒸気機関車、江原道旌善郡のジップライン、釜山のヨット、江原道三陟海岸のレールバイクなど、さまざまな手段で聖火が引き継がれる。

■□
7500 聖火ランナー数

 韓国と北韓の人口を合わせると約7500万人。そうした平和への思いを込めて、今大会では元サッカー韓国代表の朴智星さんら有名人から一般人まで、全7500人のランナーが聖火リレーに参加する。11月1日にスタートし来年年2月9日の開会式まで続くだ。

■□
6500 選手数概数

 平昌五輪に参加する選手は95カ国・地域から6500人と推定される。選手団のほか、競技関係者や世界各国のメディアまで合わせると約5万人が平昌五輪に集まると予想される。開催国の韓国も冬季五輪史上最多の130人規模の選手団となる予定だ。

■□
13兆 総予算

 五輪のために投じられた予算はインフラ整備を含めて13兆ウォンで、五輪誘致時の見通しより4兆2000ウォン膨らんだ。

(2017.11.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他のスポーツニュース
「韓国と日本、写真で通じあ...
 平昌冬季五輪・パラリンピックの開催を控え、韓日交流写真展「韓国と日本、写真で通じ合う」(聯合ニュース・大韓民国歴史博物館・韓国...
呉団長と崔会長、平昌五輪聖...
 16日、ソウルを奉送中の平昌五輪の聖火リレーに民団の呉公太中央団長と在日大韓体育会の崔相英会長も聖火ランナーとして参加した。 ...
<平昌五輪>アクセス道路も...
 KTX京江線と合わせて工事を進めていた平昌冬季五輪・パラリンピックの競技場に通じる江原道地域のアクセス道路も完成し、昨年末に完...

MINDAN All Rights Reserved.