地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > スポーツ
<平昌五輪>「ぼったくり」の汚名返上…宿泊業者が「適正価格」宣言
韓国宿泊業中央会江陵市支部と江原道農漁村民宿協会江陵市協会の関係者らが「宿泊料金の安定化に努力する」と宣言した(11月30日、江陵市庁ブリーフィングルーム)
 冬季五輪期間中、過度の宿泊料金を要求する業者によって、五輪を懸念する声が高まっている中、地域のイメージを回復するため、韓国宿泊業中央会・江陵支部長が自ら経営する宿泊施設「契約された宿泊料の半分だけ受け取る」と宣言した。孫ジョンホ支部長は11月30日、江陵市庁舎で記者会見を開き、「五輪期間中、1部屋30万ウォンで契約した客室料を半額にする」と述べた。孫支部長は、五輪選手村やメディアビレッジ近くの校洞住宅地で45室規模のモーテルを営んでいる。

 孫支部長は「一部の噂では、すべて満室で値段が暴騰しているように伝えられているが、これは全くのデマ。大半の施設はまだ問い合わせの電話1本すらないのが現状」としながら、「今日の宣言を契機に、江陵の宿泊施設がぼったくり料金だという汚名を返上し、全宿泊施設が適正価格で五輪観戦客を迎えたい」と述べた。また、「現在、契約金だけを受け取った状況で、入室時に割引いた残金のみ受け取る計画だ」と語った。

 同支部には約180の宿泊業者が登録している。江原道農漁村民宿協会・江陵市協会の徐ソニ会長は「モーテルとペンションは広さや設備などで条件が違う」としながら、「多くのペンションでは、通常の繁忙期価格、40万ウォンで受け付けている」と述べた。

 一方、五輪まで70日余りとなった時点で、いくつかのホテルが高額料金の要求と短期個別予約の拒否が噂され、最近、ネット上で、「江原道のジャガイモが五輪をまともに開催できるのか見てみよう」など、揶揄するコメントが続き、オリンピックブームアップにも水を差している。

 記者会見に出席した宿泊業関係者らは「大半の宿泊施設は、繁忙期以下の料金で観戦客を迎える」と付け加えた。
(2017.12.08 民団新聞)
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他のスポーツニュース
「韓国と日本、写真で通じあ...
 平昌冬季五輪・パラリンピックの開催を控え、韓日交流写真展「韓国と日本、写真で通じ合う」(聯合ニュース・大韓民国歴史博物館・韓国...
呉団長と崔会長、平昌五輪聖...
 16日、ソウルを奉送中の平昌五輪の聖火リレーに民団の呉公太中央団長と在日大韓体育会の崔相英会長も聖火ランナーとして参加した。 ...
<平昌五輪>アクセス道路も...
 KTX京江線と合わせて工事を進めていた平昌冬季五輪・パラリンピックの競技場に通じる江原道地域のアクセス道路も完成し、昨年末に完...

MINDAN All Rights Reserved.