地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
止まらないK−POP人気…この夏新韓流が熱い
ブームの先駆けとなった「少女時代」
韓国でも生中継された「AKB48」の総選挙

◆ダンス教室も満員…「日流」と相互乗り入れ・懸け橋に

 「少女時代のようにかっこ良く踊れて、うまく歌えるようになりたい」。これはある女児の声だ。昨年8月に日本上陸。「美脚ガールズグループ」として、瞬く間に日本中を席巻した「少女時代」。その後もアイドルグループを中心に、「新韓流」と呼ばれるK‐POPの日本進出は後を絶たない。若い女性たちにとってはあこがれの存在となった韓国ガールズグループ。ダンス教室やカラオケでも人気を呼んでおり、この夏、日本は「新韓流」に包まれる勢いだ。

 すでに「KARA」、「少女時代」、「Brown Eyed Girls」、「4Minute」、「2NE1」らが日本で活躍しており、ガールズグループK‐POPブームはさらに加熱しそうだ。

 9人組グループの「AFTER SCHOOL」は、すでに日本オフィシャルサイトをオープン。7月17日には東京で初イベントを開き、8月17日に、日本デビューシングル「Bang!」をリリースする。

 7人組グループの「T‐ara」はこのほど、日本の芸能事務所J‐ROCKと破格の契約金で専属契約を結んだ。正式デビューに先立ち、7月5日に東京・渋谷でショーケースライブを開く。

 激しい振り付けが人気の4人組グループ「Secret」も、8月3日に日本デビューシングル「Madonna」をリリースする。

 KARAと同じ事務所の後輩、7人組グループの「Rainbow」も、日本のユニバーサル・シグマと契約し、9月にシングル曲『A』で日本デビューする。

◆あの振り付け私も習いたい

 6月20日付け、カラオケランキングのベスト10(オリコン)を見ると「AKB48」が4曲を占めている中、「少女時代」の『Gee』(2位)と「KARA」の『ミスター』(8位)が加わった。

 「踊りながら歌う」スタイルが若い女性たちに人気を呼んでいる。

 小学生高学年から大人までをファンにする「少女時代」を中心に、「KARA」などの振り付けをマスターする、K‐POPのダンス教室が都内に増えている。

 なかでも、「韓流の聖地」、新大久保のK‐POPダンスサークル「SOB48」は「研究生」が500人を超えており、アーティストメンバーとしてダンスユニットが6チーム(58人)ある。

 全4回1カ月間の定期レッスンのほか、初心者、体験コースなど、いずれも定員オーバー。中・高校生たちを中心に若い女性たちがグループで参加、満員御礼の状況だ。

◆海外への進出政府が後押し

 「新韓流」の海外進出と底辺拡大のため、韓国政府も後押ししている。文化体育観光部の鄭炳国長官は22日、「K‐POPアカデミー」やインディーズ音楽支援事業などを推進する「大衆文化産業のグローバル競争力強化案」を発表した。

 中南米や中東など新しい市場では現地公演を支援し、アジアでは「アジアミュージックアワード」などを開催する。また、韓流ファンらが韓国の大衆文化を体験できる場、「韓国文化交流の殿堂」(仮称)を設立するほか、15年までに1兆ウォンを投じて造成する「グローバルファンド」を通じ、韓流コンテンツ制作などを推進する。

◆韓国でも人気高まる「AKB48」

 日本で高まる「新韓流」だが、韓国の「日流」人気はどうか。

 日本を代表する国民的アイドルグループ「AKB48」は、韓国進出は実現していないが、ネットなどを通じた隠れファンは拡大しつつある。

 6月9日に行われた第3回選抜総選挙は韓国でも関心が高かった。ネット上には総選挙ガイドブックの写真を掲載し、各メンバーについて解説、開票速報も翻訳して伝えている。当日は、ソウル市の映画館でもパブリックビューイングで生中継された。

 「AKB48」は昨年10月、韓国で行われたアジア最大のポップスソングの祭典「2010アジア・ソング・フェスティバル」に日本代表として出演。5万人で埋まった蚕室スタジアムで韓国語であいさつすると、地鳴りのような大歓声を浴び、韓国での認知度は絶大だった。

 今や韓日の懸け橋は狆女瓩燭舛担いつつある。今後、韓日のアイドルグループの相互乗り入れも期待される。

(2011.6.29 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
地域社会へ貢献誓う…民団茨城7...
全国で12番目 【茨城】民団茨城本部(張仙鶴団長)は21日、水戸市内のホテルに民団関係者のほか国会議員、県議、自治体関係者など320...
その他の文化・芸能ニュース
イルミネーション花盛り…ソ...
光のオブジェ…LEDのバラ ソウルおよび近郊の観光スポットでは、さまざまなイルミネーション祭りが開かれる。LED電...
貴重な馬具一式…副葬方法 ...
全州文化遺産研 長水東村里古墳で発掘 全羅北道の全州文化遺産研究所は、長水東村里古墳群内の墓(30号墳)から、6世紀の伽 のくつ...
韓国伝統劇「マルチプレック...
 25日15時・19時開演。26日15時開演。サブテレニアン(東京・板橋区)。一般2500円、学生1500円。 出演の劇団イェチ...

MINDAN All Rights Reserved.