地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
<寄稿>韓国に夢運ぶコウノトリ…キム・ファン
兵庫・豊岡市で2005年に行われた放鳥式
3月18日、金海市の湿地で発見された日本から飛来のコウノトリ(キム・シファン氏提供)

放鳥の兵庫から金海市へ
「定住を」熱い視線

 かつてコウノトリは、韓国や日本ではふつうに見られる鳥だったが、韓日ともに1971年に絶滅してしまった。

人工飼育でともに苦闘

 絶滅したコウノトリをもう一度自然に帰す‐。そんな壮大なプロジェクトが両国で進行中だ(注=基本的に種は、繁殖相手がいなくなった時点で絶滅とされる)。

 日本はコウノトリを自然に帰すのに40年もかかった。1965年に野生のコウノトリを捕まえて人工飼育をするもヒナは1羽も誕生せず、ロシアから譲り受けたコウノトリで成功。人が増やして2005年に放鳥した。

 この放鳥式典に、韓国からも韓国教員大学のパク・シリョン教授をはじめとする数人が出席した。いつの日か、自国でも自然に帰すためだった。私もパク教授の通訳として式典に参加し、豊岡の空を舞うコウノトリを見上げながら、母国の空を舞うコウノトリを思い浮かべていた。

 韓国も苦難の連続だった。1971年、奇蹟的につがいが発見されるも、数日後に密猟者によってオスが射殺されるという悲劇が起こる。「未亡人コウノトリ」と呼ばれるようになったメスは毎年、オスを待って巣作りをして国民の涙を誘った。しかし、この最後のコウノトリも、94年に死んだ。

 メスの死から2年経った1996年から韓国でも人工飼育がスタート。日本から卵でやってきたメスが2002年に初めてヒナを誕生させ、現在は約200羽にまで増えた。

 実は日本の成功を語る上で、忘れてはいけないコウノトリがいる。2002年に大陸から豊岡市へやってきて棲み着いた「ハチゴロウ」という愛称のコウノトリだ。野生復帰を指導した豊岡市の元職員は言った。

 「何百回、コウノトリとの共生を説いても反対した農夫が、たった一度、ハチゴロウの飛ぶ姿を見ただけで、積極的な協力者になった」

行動観察で「学びたい」

 コウノトリが野外に1羽もいないなか、関係者はハチゴロウの行動をつぶさに観察することで、より実践的に計画を練り直すこともできた。

 今回、日本から飛来したコウノトリは、ハチゴロウのような存在となってくれることを関係者は熱望している。果たして、このまま韓国に定住してくれるのか? 韓国中の熱い視線がこのコウノトリに注がれている。

 先月18日、兵庫県豊岡市で生まれたメスのコウノトリ1羽が、同市から600僧イ譴新直案酘散盂せ圓埜つかった。放鳥コウノトリが海外にまで行ったのは、今回が初めて。韓国では来年4月に忠清南道の礼山郡で放鳥が予定されており、大きな関心を集めている。

 キム・ファン 1960年京都市生まれ。絵本作家、児童文学作家。06年『サクラ‐日本から韓国へと渡ったゾウたちの物語‐』(学研教育出版)で、第1回子どものための感動ノンフィクション大賞受賞。07年に韓国語版も。児童書『きみの町にコウノトリがやってくる』(くもん出版)、紙芝居『とんだとんだ! コウノトリ』(童心社)など、韓日で著書多数。

(2014.4.9 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他の文化・芸能ニュース
「ハングルの日」(10月9...
 「ハングルの日」(10月9日)は、「普通の庶民にも分かりやすい文字を創りたい」という朝鮮王朝第4代王、世宗の思いから1443年...
<新刊紹介>過去の歴史から...
 作家の山川修平さんが『韓国浪漫彷徨』を刊行した。韓日、近現代の歴史とかかわりの深い地域や施設などを訪ね歩いた時の様子をまとめた...
<土曜セミナー>「在日文学...
 在日韓人歴史資料館(李成市館長)主催の第102回土曜セミナーが2日、東京・港区の韓国中央会館別館内で行われ、大阪府立大学研究員...

MINDAN All Rights Reserved.