地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
<新刊紹介>巣箱を考えたドイツの男爵
 韓国で2009年に出版され、第4回CJ絵本賞にも選定された『すばこ』がこのほど、ほるぷ出版から翻訳出版された。

 『すばこ』は、在日の絵本作家で児童文学作家であるキム・ファンさんが韓国ではじめて出した絵本。キムさんは2006年に『サクラ‐日本から韓国へ渡ったゾウたちの物語‐』(学習研究社)で、第1回「こどものための感動ノンフィクション大賞」最優秀作品に選ばれ、07年に韓国で翻訳出版されている。

 『すばこ』は、世界ではじめて鳥のための巣箱を考案したドイツのベルレプシュ男爵のエピソードを交えながら、かわいい巣箱を楽しんでもらう絵本だ。

 巣箱の素材は多彩なうえ、置きかたもいろいろあることが分かる。そして男爵の鳥たちを大切に思う心が、読者を優しい気持ちにしてくれるに違いない。

(2016.6.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
大桃美代子と歩く百済浪漫散歩…...
 旅行会社の三進トラベルサービスは10月27〜29日の2泊3日間、ユネスコ世界文化遺産に登録されている百済歴史遺跡地区を巡る「犂抬...
<各地光復節>祝祭ムード一色に...
 第72周年光復節を祝う式典が15日まで、各地で行われた。1部の記念式典こそ厳かな雰囲気で進行したが、2部以降は祝祭ムード一色。友人...
核実験強行の北韓糾弾…団長会議...
 民団中央本部は7日、韓国中央会館(東京都港区南麻布)で2017年度後半期全国地方団長・中央傘下団体長会議を開き、地域指導者ワークシ...
その他の文化・芸能ニュース
ことし17年目のコリアン・...
日本初上映が3作 全5作 今年で17年目を迎える、第30回東京国際映画祭提携企画「コリアン・シネマ・ウィーク」が26日から11月...
文学で在日女性に光…呉文子...
 在日女性エッセイスト呉文子さんの近著『記憶の残照のなかで』の出版と傘寿を祝う会が7日、在日韓国YMCA(東京・千代田区)で開か...
目に楽しいガラスと陶器人形...
 ガラス工芸作家のイ・ジェギョンさんと陶器人形作家のオ・ジュヒョンさんの2人展「ガラスと陶器人形の世界」が、大阪韓国文化院(朴英...

MINDAN All Rights Reserved.