地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
<新刊紹介>巣箱を考えたドイツの男爵
 韓国で2009年に出版され、第4回CJ絵本賞にも選定された『すばこ』がこのほど、ほるぷ出版から翻訳出版された。

 『すばこ』は、在日の絵本作家で児童文学作家であるキム・ファンさんが韓国ではじめて出した絵本。キムさんは2006年に『サクラ‐日本から韓国へ渡ったゾウたちの物語‐』(学習研究社)で、第1回「こどものための感動ノンフィクション大賞」最優秀作品に選ばれ、07年に韓国で翻訳出版されている。

 『すばこ』は、世界ではじめて鳥のための巣箱を考案したドイツのベルレプシュ男爵のエピソードを交えながら、かわいい巣箱を楽しんでもらう絵本だ。

 巣箱の素材は多彩なうえ、置きかたもいろいろあることが分かる。そして男爵の鳥たちを大切に思う心が、読者を優しい気持ちにしてくれるに違いない。

(2016.6.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
北の核・ミサイルを止めさせよう...
 去る5月17日、朝総連は「総連・民団5・17共同声明発表11周年に際して在日同胞に送るアピール」と題する文書を発表した。これを受け...
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
岡山商銀、横浜幸銀と合併へ…早...
 在日韓国人信用組合協会(韓信協)の呉龍夫会長は6月28日、東京都内のホテルで記者会見を行い、岡山商銀信用組合(梁炳玉理事長、本店・...
その他の文化・芸能ニュース
<寄稿>女性の手仕事による...
■□ポジャギハギレ丁寧に縫いつなぐ…ものの大切さ教えられる 古くから女性の手によって伝わる手仕事に「チョガッポ」と...
伝統と現代…トップアーティ...
ダイナミック・コリア・コンサート観覧者募集 大阪韓国文化院(北区)は、韓国の文化体育観光部、海外文化広報院との共催で、平昌冬季五...
韓日中の子ども童話交流…1...
 日本の独立行政法人国立青少年教育振興機構が、2002年から実施している「日中韓子ども童話交流事業」に参加した日本人小学生の概ね...

MINDAN All Rights Reserved.