地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
韓日二人フェスティバル…文化院が新春特別公演
恋歌を舞うイム・クァンギュ
 韓国文化院(東京・新宿区)は、2017年新春を祝う韓日交流特別公演「韓日二人フェスティバル」を1月18日、ハンマダンホールで開く。

 伝統と創造、伝統舞踊と現代舞踊を合わせた舞台を披露する。

 <プログラム>

 ▽恋歌/イム・クァンギュ、パク・スンオク。 ▽Do you copy,Huston?/イ・ギョング、イ・ヨンジュ。

 ▽義太夫龍虎/若柳慶次郎、勝見智之。

 ▽サルプリ舞/イム・クァンギュ、パク・スンオク。

 このほか、「Time falling down」の中村蓉、渋谷亘宏、「愛、そして…」のソン・ギョンチャン、キム・ブンソンが登場。

 19時開演。観覧希望者は、同院ホームページ「イベント応募コーナー」から申し込み。定員300人。1月4日締切。定員を超えた場合は抽選。当選者に公演1週間までに確認書をメールする。詳細は同院ホームページ。

(2016.12.21 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
金熙秀氏顕彰碑除幕…韓・日で教...
牋篁梱瓩鮗‖紊悄ヾ敍両国で教育と文化事業に邁進し、人材育成に努めてきた在日韓国人1世、故金熙秀さんのブロンズレリーフ刻画顕彰碑が2...
公民科で反ヘイト授業…東京都立...
文科省通知を受けて実現 定時制3部制東京都立一橋高校(小宮山英明校長、千代田区東神田)は1月31日、公民科授業で「ヘイトスピーチ(憎...
<新年辞>大統合で堅固な求心体...
多様化する価値観見据え新時代の民団創ろう 丁酉の新年を迎え、内外同胞の多幸を祈り、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。 昨年、民団...
その他の文化・芸能ニュース
<寄稿>韓国木簡が古代東ア...
日本木簡の源流は新羅・百済 木簡とは、木の札に墨で文字が書かれたもので、その内容あるいは用途によって、1,文書木簡2,付札木簡3...
<新刊紹介>在日韓国人金融...
 日本一の信用組合という夢を追い続けた「闇の帝王」こと李熙健氏、新銀行設立のために奔走した「パチンコ王」ことマルハンの韓昌祐氏、...
韓流功労賞にポニーキャニオ...
 韓流の発展と普及に寄与した日本国内の企業、関係者を表彰する第3回「韓流功労賞」(KoCoLo Awards)の授賞式が10日、...

MINDAN All Rights Reserved.