地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
メドゥプとポジャギ初心者向け体験講座…2月にもAICC開催
 ハングル書芸など様々な韓国文化体験講座を主宰しているAICC(東京・渋谷区代官山)が22日、同スタジオでメドゥプとポジャギの初心者向け1日ワークショップを開催した。

 メドゥプ講座の課題は「チョンジャ(正字)メドゥプ2種類で作る輪っかストラップ」。韓国から取り寄せた60種類以上の伝統組紐のなかから好みの2種類を選び、指にからめて組んでいった。

 本来は「脳トレ」とさえいわれる複雑な工程が続くが、この日は同じ作業の繰り返しなので「比較的簡単」。2時間以内で2つを編み上げた佐々木富子さん(神奈川県横須賀市)は「もし欲しい人がいたら作ってあげたい」と満面の笑顔を見せた。指導にあたった上渕綾子さんは「紐一本でできるのがいい」という。

 午後のポジャギ講座の課題は「ナビ(蝶)柄入りモシ(麻生地)のコースター」。韓国伝統の柄入りモシと単色モシの組み合わせ。縫いしろ5ミリにヘラで印をつけ、1ミリ間隔で縫っていくというかなり根気のいる作業だ。糸目をなじませるためにアイロンを使う。

 尾崎恵美さん(埼玉)は、「色の組み合わせが自由で面白い」と話す。また、別の女性は「型紙を作ってアイロンでノリしろを作る作業がないのでパッチワークよりとっかかりやすい」と感想を語った。

 2月の体験講座は12日の予定。問い合わせはAICC(03・6416・3843)。

(2017.1.25 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の文化・芸能ニュース
コリア映画祭…民団愛知創団...
 民団愛知県本部は創団70周年記念事業の一環として、入場無料の「コリア映画祭」を18日、名古屋市教育センター講堂(熱田区神宮)で...
K‐POPから転身パク・ジ...
 K‐POP歌手から演歌歌手に転身したパク・ジュニョンさん(35)は、昨年デビュー5周年を迎えた。同年7月、大阪からスタートした...
写真とヌビで「白衣の暮らし...
 神戸仁川芸術交流プロジェクト〜写真家・柳銀珪+伝統韓服、ヌビ作家・尹炳玉展「白衣の暮らし」が2月3日から25日まで、兵庫・神戸...

MINDAN All Rights Reserved.