地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
風土・歴史感じさせる逸品…薩摩焼15代沈壽官新作展
「薩摩六種彫総透香爐」の前に立つ沈壽官さん
 薩摩焼15代総帥、沈壽官さんの新作展が23日までの1週間、東京・中央区の日本橋三越本店美術特選画廊で開催された。東京では3年ぶり。

 展示品は根強いファンを持つ香炉をはじめ花瓶、茶碗、置物など約70点。息をのむような超絶技法で造り出した「透かし彫り」。素地に赤など鮮やかな絵を上絵付けした豪華絢爛な「錦手」や「金襴手」。なかには小さな動物をアイテムに使ったものも。「捻り物」と呼ばれる人形などの置物細工はどれも生き生きとした表情を見せている。

 これらのスタイルを確立したのは江戸期から明治時代に活躍し、薩摩焼中興の祖ともいわれる第12代。今回は特別に明治時代の作品を中心とする19点が沈家伝世品収蔵庫から運び込まれ、別のコーナーで紹介された。

 三越伊勢丹の工芸担当で、今回の企画展を担当した平岡智さんは、「窯がいまのように精度が高くないなか、これだけ緻密な仕事ができたのはすごいこと。これは15代にも受け継がれている。この技術の高さが沈壽官窯の特徴」と高く評価している。

 15代沈壽官さんも12代の世界観から影響を受けたと話す。「もともと質朴だった薩摩焼が華麗な世界に達したのは12代から。重層的に装飾を施すことによってさらに立体化していける。薩摩焼の可能性を広げた人だといえる」。

 一方で、「世界に類のない白い陶器である薩摩焼の美しさをいかに伝えるのかが大事。装飾は素地の素晴らしさを引き立たせるためのものであって、12代の主眼もそこに置かれていた」と話す。

 薩摩焼の初代、沈当吉は豊臣秀吉の朝鮮侵略の際に薩摩藩17代藩主島津義弘が連行してきた80人以上の陶工の一人。見知らぬ地で祖国を偲びながら陶器の原料を山野に求め、美しい焼物「薩摩焼」を造り出した。

(2017.1.25 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他の文化・芸能ニュース
「ハングルの日」(10月9...
 「ハングルの日」(10月9日)は、「普通の庶民にも分かりやすい文字を創りたい」という朝鮮王朝第4代王、世宗の思いから1443年...
<新刊紹介>過去の歴史から...
 作家の山川修平さんが『韓国浪漫彷徨』を刊行した。韓日、近現代の歴史とかかわりの深い地域や施設などを訪ね歩いた時の様子をまとめた...
<土曜セミナー>「在日文学...
 在日韓人歴史資料館(李成市館長)主催の第102回土曜セミナーが2日、東京・港区の韓国中央会館別館内で行われ、大阪府立大学研究員...

MINDAN All Rights Reserved.