地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
目に楽しいガラスと陶器人形…大阪韓国文化院で2人展を開催中
イ・ジェギョンさんのガラス作品
オ・ジュヒョンさんの陶器人形
 ガラス工芸作家のイ・ジェギョンさんと陶器人形作家のオ・ジュヒョンさんの2人展「ガラスと陶器人形の世界」が、大阪韓国文化院(朴英恵院長)で開催されている。 イさんは、日本の多摩美術大学の研究生・大学院を卒業し、韓国弘益大学一般大学院の金属造形デザイン課博士を修了。 イタリアのベネチアングラスの技法を取り入れた作品タイトルは「音」。電車の走る音や人が話す声など、耳にするあらゆる音のイメージを、ガラスの色に入れていくという。

 韓国と日本で年に10回の展示会や個展を開催。グラスやコップ、花瓶などカラフルで独特な模様の作品は、見る人の目を楽しませてくれる。

 オさんは、韓国梨花女子大学大学院陶磁デザイン課、韓国漢陽女子大学陶芸課を卒業。旅行へ行ったウィーンで見た人形に魅せられ、韓国では馴染みのない陶器人形の第一人者として、精力的に活動している。

 朝鮮朝時代の宮廷衣装や伝統芸能衣装をまとった陶器人形を製作している。1250℃の窯に10点を入れても、満足のいく仕上がりになるのは2、3点。作品1点に1〜2カ月を要する。韓国陶磁人展覧会や木浦陶磁器全国公募展などで入選。ソウル仁寺洞(インサドン)にギャラリーも構えている。

 今回、日本での展示は初めてというオさんは「陶器人形を通して、皆さんが朝鮮時代の文化を知るきっかけになればうれしい」と話し、次は高麗時代に挑戦したいという。また、イさんも「鮮やかな色あいと、ガラスの世界観を楽しんでほしい」と話している。

 同展は21日まで。10〜18時開館。日曜、祝日は休館。入場無料。

 問い合わせは同院(06・6292・8760)。

(2017.10.11 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
「国籍差別」に異議…全国で拡大...
 法律上の制限規定がないにも関わらず、外国籍調停委員の採用拒否が拡大している。日本弁護士連合会(略称、日弁連)は17日、東京・千代田...
その他の文化・芸能ニュース
◆文化イベント案内
演 奏 会◆韓国伝統芸能公演「祝文」 24日。統国寺(大阪・天王寺区)。1回目13時開演、2回目16時開演。チケット3500円(...
韓国テンプルステイ<19>...
高さ12メートルの掛仏禎画で屋外法会 百済の古都だった公州(忠清南道)のバスターミナルから鶏龍面事務所前で乗り換え、40〜50分...
訪ねてみたい韓国の駅<19...
過去と現在が共存する駅 ソウル市東の玄関、清凉里駅から中央線「ITXセマウル号」で約1時間。江原道の玄関口、原州駅に到着する。原...

MINDAN All Rights Reserved.