地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
出土地に移管の方針…国立中央博物館の遺物4万余
 ソウルの国立中央博物館の羇霪唄枋垢禄任100日を迎えて10月25日に開かれた懇談会で、「中央博物館が持っている遺物が(地方に比べて)圧倒的に多く、質も高い」とし、「各地方の国立博物館の代表ブランドになれるような遺物を移管して、観覧客を引き寄せたい」と話した。

 出土地が明らかな遺物を当該地方の博物館に送るというもので、遺物は元の場所におかれてこそ真正であるという文化財保存原則にも合致する。

 来年末までソウルから地方博物館に移管される遺物4万4000点余りは、国立中央博物館が所蔵している全体遺物の11%に達している。

 まだ具体的な移管品目は決まっていないが、宝物第1359号の「慶州感恩寺址三層石塔の舎利荘厳具」と宝物第343号の「扶余外里山水鳳凰柄レンガ」「漆谷淨兜寺造塔形止記」などが対象に挙げられている。

 羇枋垢蓮屮皀淵螢兇鮓るためにパリのルーヴル美術館を訪れるように、例えば、公州の武寧王陵の出土遺物や扶余の金銅大香炉を地方の国立博物館に移転してブランド化するための戦略を立てたい」と説明した。文化財が本来の座を取り戻すとともに、地域住民の文化需要を満たすという点で好ましいという評価を受けている。

(2017.11.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他の文化・芸能ニュース
韓日友好の想い込め描いた朝...
 韓国と日本の善隣友好の証である朝鮮通信使に関する記録が昨年10月30日、ユネスコの「世界記憶遺産」に登録されたことを記念した「...
サスペンス映画「エターナル...
豪でのロケも見どころ イ・ビョンホン主演のラブ・サスペンス映画「エターナル」(配給=ハーク)が2月16日から東京のTOHOシネマ...
14年ぶり「スキャンダル」...
 2004年に日本でも公開されたペ・ヨンジュン初主演で、イ・ジェヨン監督の映画「スキャンダル デジタルリマスター版」(配給=ハー...

MINDAN All Rights Reserved.