地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社説
<社説>「世界遺産」へ一歩ずつ…ソウル−東京・通信使ウオーク
「世界遺産」へ一歩ずつ

今日、大阪を出立

 ソウルを今月の1日に出立した「第5次21世紀の朝鮮通信使 ソウル‐東京友情ウオーク」の一行が今日29日、大阪から日本での第一歩を踏み出した。東京・日比谷公園にゴールするのは5月22日である。

 一行は釜山から対馬、壱岐を経由して博多まで高速船を使い、博多から大阪までは貸し切りバスで、瀬戸内海を船で進んだ通信使にゆかりの深い鞆の浦、牛窓などに立ち寄りながら移動した。これ以外はすべて自分の足で歩き通すことを原則としている。

 総歩行距離が1158繊粉攅顱525キロ、日本=633キロ)にもなるスケールの大きさもさることながら、難所が多いにもかかわらず、通信使が実際に踏みしめた旧道を歩くことに敢えてこだわる姿勢にも感心させられる。しかも、ソウルから東京まで踏破するメンバーは決して若くない。今回も、在日同胞3人を含む日本隊(31人)が平均年齢69歳、韓国隊(13人)が67歳である。

 しかし、11年の第3次ウオークが3・11東日本大震災の発生を受け、韓国コースを歩くだけに縮小して実施した以外、スケジュールを変更したことは一度もなかった。また、事故と呼べるものが起きたこともない。

 友情ウオークのこころざしの高さと緻密な計画性、参加者の年齢を吹き飛ばす心身の健全さによるものだろう。今回の参加者の最高齢は82歳の日本人女性で、次が81歳の在日同胞男性だ。足を休ませることができる京都(5月1日)、名古屋(8日)、静岡(16日)での交流日を除く21日間は、1日平均30キロ超を歩く。一行の健脚を畏怖しつつ、くれぐれも無事なゴールを祈りたい。

 友情ウオークが初めて行われたのは、朝鮮通信使の初来日から400周年にあたり、関連自治体などが祝祭を繰り広げた07年のことだ。03年からテレビ放映された『冬のソナタ』が火をつけ、ドラマから映画へ、さらにK‐POPへと韓流が日本を席巻していた時期でもある。

“単発”のはずが

 07年の友情ウオークに「第1次」の文言は入っていなかった。主催した韓国体育振興会と日本ウオーキング協会の幹部が「1回で終わらせず、このルートを通信使の道として確定し、行政にも働きかけたい」、「その通り。民団にも協力してもらい、在日韓国人に呼びかけて計画したらどうか」などと語り合うなかで、回を重ねる道が開かれたという。

 ここでもう一つ重要なのは、朝鮮通信使の関連史料をユネスコ記憶遺産に登録しようとする韓日共同プロジェクトが芽生えたことだ。09年の第2次ウオークからあらたに、朝鮮通信使縁地連絡協議会(縁地連)が主催団体に加わった。ウオークが自らの厚みを増しただけでなく、遺産登録事業とセットになったことを意味する。

 今年は韓日国交正常化から50周年になる。両国関係は「第1次」当時とは様変わりし、この50年間で最悪とも評される状態に絡めとられたままだ。それでもと言うべきか、だからこそと言うべきか、通信使が体現した善隣友好の精神を今によみがえらせ、韓日のあらたな友情を育もうという第5次ウオーカーたちの足取りはたくましい。

 今年はまた、豊臣秀吉軍の朝鮮侵攻(壬辰倭乱)によって破壊された朝鮮との関係を修復すべく、心を砕いた徳川家康の没後400年にもあたる。縁地連の事務局を務める対馬市がそれに合わせ、9月に駿府(静岡)で「朝鮮通信使再現行列」を予定するなど、通信使関連行事は07年を上回る盛り上がりを見せようとしている。

 民団は2月の第69回中央委員会で、朝鮮通信使のユネスコ記憶遺産登録の推進を主要方針として採択した。日本でこの運動の中心を担う縁地連には、15の自治体と民団中央本部など40の民間団体が加盟している。韓国の民間団体と共同で、来年3月にも登録すべく準備に余念がない。

各地民団が激励

 それを加速させるためにも第5次ウオークを盛り上げよう。幸い、関心はいつになく旺盛で、韓日のメディアによる注目度も高く、特集番組も予定されている。韓日の険しい関係を和らげ、修復への道を開こうと考える人々が両国で増えている証だろう。

 民団は友情ウオークの初回から後援団体に名を連ね、熱心に、細部にわたって支援してきた。沿道の本部・支部の団員が一行を出迎え、激励するだけでなく、1日ウオーカーとしてともに歩くことを期待したい。国を隔てる海峡を越えて共通の歴史遺産を大切にし、未来への友情を固めようとする姿は、両国社会のみならず、世界を感嘆させるにちがいない。

(2015.4.29 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
<大統領選挙>在外選挙投票は4...
大統領選挙投票日は5月9日在外選挙投票は4月25日から6日間 第19代大統領選挙の投・開票日が5月9日に確定した。 在日同胞をはじめ...
<江戸川>公共施設の利用制限…...
「対策法」趣旨踏まえ…東京都内で初 2016年5月の「ヘイトスピーチ対策法」の成立を受け、東京・江戸川区が同年の第4回...
<大統領選挙>日本の在外投票所...
全国民団で投票呼びかけ 第19代大統領選挙にともなう在外選挙人登録は30日に締め切られる。民団では25、26日の「集中登録日」を中心...
その他の社説ニュース
<社説>多様化した同胞牽引...
 在日本大韓民国青年会中央本部が2月27日、結成40周年を迎えた。この間、韓国民団(民団)を継承する次世代として、中核の役割を果...
<主張>慰安婦問題の早期解...
 慰安婦問題をめぐって韓日関係が冷え込み、硬直し始めた。事の発端は、昨年末の駐釜山日本総領事館前への慰安婦を象徴する少女像設置だ...
<社説>THAAD配備に揺...
 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の駐韓米軍への配備決定をめぐって、韓国が激しく揺れている...

MINDAN All Rights Reserved.