地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > コラム
読みたいウリ絵本<33>韓国が育てた世界的画家
文 キム・ヒギョン 絵 イヴォナ・フミエ   レフスカ 訳 かみや にじ 出版社 岩波書店
 今年もあとひと月となりました。今年は韓国の絵本界にとって、特別な年だったように思います。
 
 毎年春に、イタリアのボローニャで、世界最大の見本市である、「ボローニャ国際児童図書展」が開催されることは、このコラムでもよく取りあげてきましたよね。今年そのボローニャ図書展において、韓国絵本が「ラガッツイ賞」5部門すべてで「優秀賞」を受賞するという快挙を成し遂げたからです。
 
 韓国絵本がボローニャで初めて賞を取ったのは、2004年のこと。この受賞を機に、次つぎと国際的な賞を受賞してきました。しかし全部門で受賞というニュースには正直わたしも、「ついにここまできたか!」と感慨深いものがありました。
 
 でも、多くの読者のみなさんは、「優秀賞で満足していてはいけない。『大賞』をとらなくては!」と思っていることでしょう。ご安心ください。実はすでに、11年と13年に大賞を2度も受賞しているのですよ。しかも、同じ画家が。
 
 この画家は韓国ではよく、「イボナ」と呼ばれています。この愛称だけ聞くと、「イ・ボナ」という韓国人のように聞こえてしまうのですが、本名はイヴォナ・フミエレフスカ。ポーランドの画家です。イヴォナは大賞を受賞したときの記者会見で、
 
 「韓国は作家としての私の人生がはじまった場所」と、答えています。
 
 ではどうして、ポーランドの画家が、韓国で絵本をだすようになったのでしょうか? イヴォナの人生に転機が訪れたのは03年でした。自ら絵の束を胸に抱えてボローニャ図書展に乗り込んだ彼女は、企画者のイ・ジウォンと運命的な出会いをはたします。大学でポーランド語を学び、留学経験もあったイ・ジウォンはイヴォナの絵にほれこみ、ポーランドででた絵本すべてを韓国でだそうと心に決めたのでした。
 
 翌04年、最初の翻訳本が韓国ででます。このときイヴォナは生まれて初めて韓国を訪問したのですが、街のあちらこちらにあふれているハングルに興味を持ちました。それを知った相棒のイ・ジウォンは、写真(上)のようにハングルの形をモチーフにした絵本、『考える   』(日本語版未刊)を企画します。
 
 この絵本で大成功したイヴォナは、その後はポーランドでだした絵本の翻訳ではなく、韓国で企画された絵本を担当するようになっていきました。
 
 そして07年、『考える』の姉妹作である『考えるABC』(日本語版未刊)で、ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)で「金のリンゴ賞」に。11年に『こころの家』で「ボローニャ・ラガッツィ賞の大賞」を受賞し、何と、13年にも『目』(日本語版未刊)でまた、大賞を受賞したのです。
 
 つまりイヴォナ・フミエレフスカは、韓国の出版界が発掘し、育てた世界的な絵本画家なのです。
 
 さて、今回紹介する『こころの家』の内容です。目には見えないけれど、だれにでも、こころはある。きみにも、ぼくにも。でも、こころってなんだろう。こころを家にたとえて語る詩的な文と、イマジネーション豊かなイヴォナの絵がよくマッチした絵本です。
 
キム・ファン(絵本作家)
 
(2015.12.9 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他のコラムニュース
民団は何をめざすのか<下-...
就任要件すべて緩和が筋「青年・学生」「地方」焦眉の課題◆国籍条項開放、根強い拒否感 民団が在日同胞の大統合に踏み切った。そして、...
訪ねてみたい韓国の駅<23...
スキー競技と観光の玄関口 いよいよ平昌オリンピックが開幕した。この週末は、人気種目の1つである、スキージャンプ・ラージヒル個人が...
民団は何をめざすのか<下-...
闘いが変化生んだ…多様化した社会に対応へ韓国籍への執着 筆者もその一人であるが、韓国籍に対する執着は尋常でない。当...

MINDAN All Rights Reserved.