地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > コラム
読みたいウリ絵本<34>絵本でパンソリをきく
文 イ・ヒョンスン 絵 イ・ユッナム 訳 おおたけ きよみ 出版社 アートン新社
コウノトリ放鳥記念公演で熱演するシン名唱
 今年はいい年でしたか?
 
 わたしは自分の夢がひとつ実現した、いい年でした。今から10年前の2005年の9月。兵庫県豊岡市でコウノトリの放鳥式典がありました。わたしは、一度絶滅したコウノトリを自然に帰すという、世界ではじめて行われるイベントに招かれた韓国の研究者の通訳として、この歴史的な瞬間に立ち会いました。
 
 そのとき、大空に帰っていったコウノトリを見ながら、心の中で強く思ったことがありました。
 
 いつか、祖国の大空を舞うコウノトリを見たい!
 
 そして10年の月日が流れた今年の9月。今度は、忠清南道禮山郡で行われた放鳥式典に招かれた日本の方たちの通訳として、参加することができたのです。
 
 ところで、その放鳥式典に先立つ記念公演で、もうひとつ貴重な体験をすることができました。何と、生でパンソリを見るという幸運に恵まれたのでした。
 
 パンソリは韓国の伝統的な民俗芸能で、03年にユネスコの無形文化遺産に登録されました。もちろん、わたしもパンソリのことは知っていて、テレビや映画で見たことがありました。でも、目の前で演じられるパンソリを見たのは生まれてはじめてでしたので、とても興奮しました。
 
 通訳の仕事です。パンソリのことをすぐに日本の方たちに解説しなくてはいけません。ですが、シン・ヨンヒ名唱の熱演に魅了されてしまい、仕事を忘れてきき入ってしまいました。
 
 このとき、演じられたのは「興夫歌(フンブガ)」の一節。これは「フンブとノルブ」という、ツバメが登場する兄弟愛を描いた韓国のむかし話です。
 
 シン名唱が「アニリ(語り)」の部分で、
 
 「おいおい、どうしてツバメなのじゃ? 今日はコウノトリのお祝いをする、めでたい席ではないか!」というと、参加者たちはどっと笑いました。
 
 18世紀ごろに原型ができたと考えられているパンソリは、かつては12作品ほどがありました。しかし今日に完全な形で残っているのは、先の「興夫歌」のほかに、親孝行を描いた「沈清歌(シムチョンガ)」、男女の愛を描いた「春香歌(チュニャンガ)」、三国志の名場面である「赤壁歌(チョクピョクカ)」と、「ウサギとカメ」という韓国のむかし話である「水宮歌(スグンガ)」の5曲だけです。
 
 この5曲のなかから、コウノトリの放鳥式典に最もふさわしいものとして、同じ鳥の仲間であるツバメが登場する「興夫歌」が選ばれたのでしょう。
 
 さて、今回紹介する絵本は、5曲のパンソリのなかのひとつである『水宮歌』(原題    )です。
 
 むかし、海に住む竜王が病気になってなげいていたところ、天から神仙がおりてきて「ウサギの肝を食すればよくなるだろう」と教えます。竜王は、カメにウサギを連れてこいと命じるのでした。言葉巧みなカメにだまされたウサギは、竜宮へやってきたとたんに捕らえられてしまいます。
 
 ところがウサギは「肝は木にぶらさげてきて、腹にはない」と答えます。そして悠々とカメの背中に乗って地上にもどるのでした。
 
 この絵本には、小学6年生の男の子が唱者を務めたCDがついています。大人向けの絵本です。
 
キム・ファン(絵本作家)
 
(2015.12.23 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他のコラムニュース
訪ねてみたい韓国の駅<12...
名所になった貨物線跡 全羅北道群山は、近代化遺産の町だ。日本の支配を受けた時代には、主に米を輸出する港として栄え、約1世紀が経過...
韓国テンプルステイ<12>...
圧倒される3階法堂の「弥勒殿」 「食の都」「伝統芸能の故郷」などと称される全州(全羅北道)からバスで約1時間。歩いて15分ほどで...
訪ねてみたい韓国の駅<11...
歴史を背負うトンネル 「おーい、早くホームから出てくださーい」 今降りたばかりの「ムグンファ号」を見送っていると、駅舎から駅員が...

MINDAN All Rights Reserved.