地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > コラム
読みたいウリ絵本<37>想像力ふくらます雪景色
文と絵 イ・ヒョンジュ 訳 かみや にじ 出版社 福音館書店
雪化粧した景福宮
 先週は、わたしの住む京都でも雪が降って積もりました。雪が積もると、交通がマヒするなどしてたいへんですが、雪景色は子どもたちの想像力をふくらませてくれます。

 今回は、雪の日にぴったりの絵本、『クリムのしろいキャンバス』を紹介しましょう。

 主人公のクリムは、絵を描くのが大好きな女の子。どんより曇った冬のある日、クリムは部屋の窓にクレヨンで白い雪を描いてみました。描いた雪がはらはらと舞い降りて、あたりいちめんに積もります。

 クリムは真っ白い雪を踏みしめながら、森の中へと入っていきました。

 「だれかいませんか?」

 そのとき、助けを求める声が木の上から聞こえてきました。クリムはクレヨンではしごを描きながら、一段ずつ登ります。そう、クリムのクレヨンは、描いたものが本物になるという不思議なクレヨンなのです。クリムは次つぎと動物たちと出会い、クレヨンで描いた絵で助けていきます。

 どうです? 子どもたちの想像力をふくらませてくれそうな絵本でしょ!

 この絵本は韓国で出版されるとたちまち、フランスとドイツで翻訳出版され、アメリカでも出ました。

 実はこの絵本、韓国の絵本界にとっても、「特筆」すべき一冊なのですよ。

 毎年、イタリアのボローニャで、「ボローニャ国際児童図書展」が開催されていることは、もうすでによくご存知ですよね。

 韓国絵本がボローニャではじめて受賞したのは2004年のこと。『ふしぎなしろねずみ』(第4回で紹介)と、『地下鉄が走ってくる』(日本語訳未刊)の優秀賞でした。そしてついに11年には、『こころの家』(第33回で紹介)で大賞を受賞したのです。

 『クリム…』は12年に、新人作家の最初の絵本にだけ授与される「オペラプリマ」という、新人部門の優秀賞を受賞しました。この部門での韓国絵本の受賞ははじめてのことでした。

 新人部門の初受賞とはいえ、すでに前年にはノンフィクション部門で栄えある大賞も受賞していました。ではいったい、どうしてこの絵本が特筆すべき一冊なのでしょうか?

 それはこの絵本の作者であるイ・ヒョンジュが、韓国国内で行われた「ボローニャワークショップ」という、半年に及ぶ研修期間を経てからボローニャ国際図書展に挑戦し、見事に賞を取ったからです。

 07年、韓国を代表する美術家やデザイナーを多く輩出している弘益(ホンイク)大学のなかに、「KT&G 想像の広場」という複合文化空間がオープンしました。10年からはそこで、韓国の絵本界で指導的な立場にある、画家、作家、編集者、デザイナー、企画者など、そうそうたるメンバーを講師に迎えてスタートさせたのが、先述の「ボローニャワークショップ」なのです。

 いわば「国家代表級のコーチ陣」が、総力をあげて教えて鍛えた新人を、世界のひのき舞台に送りこむというプロジェクト。それがたった数年で大きな成果をあげたのですから、特筆すべきことなのです。

 世界に認められた韓国絵本の後継者は、このようにしてさらにまた、産み出されているのです。

キム・ファン(絵本作家)

(2016.1.27 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他のコラムニュース
民団は何をめざすのか<下-...
就任要件すべて緩和が筋「青年・学生」「地方」焦眉の課題◆国籍条項開放、根強い拒否感 民団が在日同胞の大統合に踏み切った。そして、...
訪ねてみたい韓国の駅<23...
スキー競技と観光の玄関口 いよいよ平昌オリンピックが開幕した。この週末は、人気種目の1つである、スキージャンプ・ラージヒル個人が...
民団は何をめざすのか<下-...
闘いが変化生んだ…多様化した社会に対応へ韓国籍への執着 筆者もその一人であるが、韓国籍に対する執着は尋常でない。当...

MINDAN All Rights Reserved.