地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > コラム
サラム賛歌<23>分断の歴史の片隅で
喬桐島の人気理髪所
池光植さん


 仁川市には、西海にたくさんの島がある。江華島の北西部から、3・4舛猟垢気龍桐大橋を渡ると、喬桐島だ。面積は47平方キロメートル。人口は約3千人。3年前にこの橋が架かる前は、ひなびた孤島だった。朝鮮時代には、王族の流刑地でもあった。

 喬桐大橋を渡ると、若い軍人が立っていた。ここは民統線(民間人統制区域)だから、島に入るには身分証明書が必要だと聞いていた。しかし車をちらりと見た軍人は、何も言わずに通行を許可した。

 喬桐島の北側の海の向こうは、黄海南道延白郡だ。実は喬桐島の住民の多くが、朝鮮戦争の戦火を逃れて、渡ってきたと聞いた。北の故郷まで、小さな漁船でも往来できる距離なのだ。

 戦争が終わったら故郷に帰るつもりで、この島に留まった人々。しかし分断されて、すでに60年余りの歳月が流れた。韓国では、故郷に戻れない人を「失郷民」と呼ぶ。

 小さな島の中央に、大龍市場がある。住民たちが、故郷の延白にあった市場を再現したものという。その間、若い世代の多くが、生活の糧を求めて、島を離れて行った。島には老人たちが残り、大龍市場はまるで、1960年代の映画のセットのような風情のまま、すっかり老朽化した。

 逆に、そんなレトロな雰囲気が珍しくて、10年ほど前から、喬桐島に観光客が押し寄せて来るようになった。ドラマの撮影地になったり、人気テレビ番組「1泊2日」のロケも行われた。平日はほとんど人通りもない市場が、今では週末ごとに、島外からの客で大賑わいになる。

 市場の中に、「喬桐理髪所」があった。平日で、客はいなかった。鏡の前には、昔ながらの革張りのひじ掛け椅子が並んでいる。バリカンやクシ、ハサミも、かなりの年季が入っている。店の奥には、洗髪をするタイル張りの洗面台がある。

 店の主人の池光植さん(77)は、「これまで、どれだけたくさんのテレビや新聞の取材を受けたことか」と苦笑いした。今や池さんは、すっかり有名人だ。古びた店を守りながら、客に問われるままに昔語りをするのが、池さんの日課になっている。

 ソウル近郊だけでなく、済州島からも、観光客がやって来ると言う。今も現役の理髪師である池さんの暮らしは、おかげで上向きになった。有名なタレントや政治家の頭も刈った。店にはそのときの写真やサインなどが、ずらりと掛かっている。

 池さんは13歳のとき、家族と共に喬桐島に避難した。理髪店の見習いとして働き始めた当初は、まだ水道もなくて、2舛睥イ譴唇羝佑泙如何度も水汲みに通わなければならなかった。掃除や片付けだけでなく、暑い夏には、客を団扇であおぐのも仕事だった。見よう見まねで散髪のしかたを覚え、後に理髪師の資格をとった。

 避難民のだれもが、貧しく苦しい日々を送っていた時代だった。だれもが故郷に戻ることだけを願いながら、歳月を重ねていった。喬桐島の北辺の丘に登れば、今も故郷の村が見える。しかし帰れないまま、故郷の記憶を持つ人々は、また一つ年を重ねた。

戸田郁子(作家)

(2017.1.18 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他のコラムニュース
訪ねてみたい韓国の駅<12...
名所になった貨物線跡 全羅北道群山は、近代化遺産の町だ。日本の支配を受けた時代には、主に米を輸出する港として栄え、約1世紀が経過...
韓国テンプルステイ<12>...
圧倒される3階法堂の「弥勒殿」 「食の都」「伝統芸能の故郷」などと称される全州(全羅北道)からバスで約1時間。歩いて15分ほどで...
訪ねてみたい韓国の駅<11...
歴史を背負うトンネル 「おーい、早くホームから出てくださーい」 今降りたばかりの「ムグンファ号」を見送っていると、駅舎から駅員が...

MINDAN All Rights Reserved.