地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > コラム
サラム賛歌<24>伝統的韓服の美を追求
ヌビ作家 尹炳玉さん

 飾り気のない笑顔。小さなことなど気にもしない性格。およそ針仕事にいそしむ女性のイメージとは、かけ離れている。それがヌビ作家、尹炳玉さん(67)の魅力でもある。

 若いころは、韓国銀行に勤めていた、というキャリアの持ち主。働きながら、趣味で書道や生け花を習ったり、登山に夢中になったりした。「なんでも、のめり込んでしまうタイプ」と言う。

 ソウルの職場を辞して、地方に住む年老いた両親を看取った。その後、人から勧められるままに、韓服の縫い方を学び始めた。韓国語でこれを、「針線」と言う。30代後半のころだった。そして、のめり込んだ。

 1997年に再び上京し、景福宮の伝統工芸工房で、本格的に修行を始めた。無形文化財「針線匠」鄭貞婉さんの弟子である具恵子先生(後に、無形文化財を継承)から、手ほどきを受けた。そのときの体験が、尹さんの土台となっている。

 「丸1年間、日がな一日、工房で過ごしながら、鄭先生の昔語りを聞いたり、針仕事を手伝ったりしました。

 厳しい儒教の戒律のため、女性が男性の体のサイズを測ることは許されない時代、遠目で見ただけで、ぴったりの韓服を縫いあげたという鄭先生の話。伝統の色の豊かさや、閨房の手仕事、食事の作法や料理の話まで、たっぷりと学びました」

 韓服を作りながら、ヌビと出会った。ヌビとは、二枚の布の間に綿を挟み、一定の間隔で縫い合わせる技法。古くから、防寒着として重宝されてきた。僧侶の着る冬服として知られるヌビは、木綿を素材としてどっしり感があるが、明紬という伝統の絹地でしつらえたものは、驚くほど軽くて温かく、なめらかな手触りだ。

 尹さんは、無形文化財ヌビ匠の金海子先生から手ほどきを受けた。そしてソウルの三清洞に工房を開いた。

 8年前、亡父の故郷に近い安東に居を移したのは、儒教の故郷である安東で、伝統的な韓服の再現に取り組もうと考えたからだ。

 好奇心旺盛な尹さんは、染色や刺繍など、他の工芸も次々と学んだが、ヌビと出会ったとき、「これが針仕事の最後に行きつく場所だ」と、悟ったと言う。

 まっすぐの線をチクチクと縫い続ける作業は、まるで修行のよう。「私はだれなのか」「自分はどこから来て、どこへ行くのか」という禅問答を繰り返すように、無心に針を運ぶ。精根こめたその先に出来上がる、究極の衣。ヌビの魅力は、その深さにある。

 しかし現代人は、面倒な手仕事に興味を持とうとしないことが、尹さんの不満だ。しかも、若い世代が好む韓服が、伝統の形からかけ離れていく現状にも、心安らかではない。伝統の線が持つ、美しさと調和。その良さを失ってはいけないと、尹さんは思う。

 尹さんは以前、大阪でヌビのワークショップを催したことがある。日本人や在日コリアンたちが、熱心にヌビを習う姿を見て、もしかしたらヌビの後継者は、日本にいるのかもしれない、と思い始めた。継承していく人を育てたい。そんな思いで、今後は日本での展示に力を注ぎたいと考えている。

戸田郁子(作家)

(2017.1.25 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
金熙秀氏顕彰碑除幕…韓・日で教...
牋篁梱瓩鮗‖紊悄ヾ敍両国で教育と文化事業に邁進し、人材育成に努めてきた在日韓国人1世、故金熙秀さんのブロンズレリーフ刻画顕彰碑が2...
公民科で反ヘイト授業…東京都立...
文科省通知を受けて実現 定時制3部制東京都立一橋高校(小宮山英明校長、千代田区東神田)は1月31日、公民科授業で「ヘイトスピーチ(憎...
<新年辞>大統合で堅固な求心体...
多様化する価値観見据え新時代の民団創ろう 丁酉の新年を迎え、内外同胞の多幸を祈り、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。 昨年、民団...
その他のコラムニュース
サラム賛歌<25>草木染に...
染色にかけた人生李炳瓚さん 穏やかな笑顔の中に、凛とした空気が漂う。丁寧な美しい日本語を話す李炳瓚さ...
サラム賛歌<25>日中交流...
延辺に根をおろす小林恒夫さん 中国吉林省にある延辺朝鮮族自治州。小林恒夫さん(72)は、その州都である延吉市で活動して、今年で1...
サラム賛歌<23>分断の歴...
喬桐島の人気理髪所池光植さん 仁川市には、西海にたくさんの島がある。江華島の北西部から、3・4舛猟垢気龍桐大橋を渡ると、喬桐島...

MINDAN All Rights Reserved.