地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > コラム
サラム賛歌<27>再会して実感 血肉の情
高校の社会科教師
朴来新さん


 全羅北道益山市の高校で社会科を教える朴来新さん(56)は、中国黒竜江省尚志市のことを、まるで自分の故郷のように語る。

 尚志は省都ハルビンから、車で2時間ほど。朴さんが初めて訪れた10年前は、道路事情が悪くて4時間余りかかった。

 朴さんは勤務先の女子高と、尚志にある朝鮮族学校との交流プログラムで、2カ月間、韓国の学生を連れて滞在したのだ。

 「ここは観光地ではないが、朝鮮族の暮らしや歴史を知ることのできる場所。韓国の学生にとっても、良い経験になる」

 尚志朝鮮族学校は、黒竜江における朝鮮族の教育基地として、70年の歴史を誇っている。

 学校同士の交流は、すでに2001年から始まっていた。尚志から益山にやって来る朝鮮族の先生方を、朴さんはいつも歓待した。そして初めて訪れた尚志で、朴さんは熱烈な歓迎を受けた。

 それから10年。この冬、私が朴さんと共に尚志を訪れると、大勢の先生方が手ぐすね引いて待っていた。

 宴会席で度数の強い中国の白酒がコップに注がれ、乾杯、乾杯の連続。朝鮮族学校の校長先生まで、年上の朴さんのことを「兄さん」と呼んで慕っている。朴さんはとても嬉しそうに、夜更けまで皆と、酒を酌み交わしていた。

 実は、朴さんが中国朝鮮族に格別の親しみを感じるのには、わけがある。

 写真を見ていただきたい。後ろは、益山生まれの朴さん。前は、中国延辺朝鮮族自治州延吉市生まれの李愛淑さん(62)。遠く離れて生まれ育ったが、二人はとてもよく似ている。四寸(いとこ)同士なのだ。

 朴さんは母から、終戦前に母の兄が学徒兵として引っ張られたと聞いていた。朝鮮戦争のときには、その兄がなぜか、中国人民軍の軍服を着て故郷に現れたと聞いた。しかしその後、消息は途絶えた。

 1988年のソウルオリンピックのころ、郡庁から朴さんの母の元に、問い合わせがあった。中国で肉親を探している人がいるという。延吉に住む李愛淑さんの父、李祥昊氏が手紙を書いたのだ。

 韓中国交正常化前だが、朝鮮族の親戚訪問が始まっていた時期だった。40年近い断絶を経て、朴さんの母は兄と再会した。

 翌年、伯父は延吉の家族を引き連れて、益山にやって来た。当時、新婚の朴さんは、母と同居していた。そこに5人の見知らぬ親戚が現れて、一カ月余りを共に暮らした。血肉の情を実感する日々だった。

 伯父は娘にも、なぜ故郷に戻らず延辺に住んだかを、決して語らなかったという。日本軍に引っ張られ、その後、共産軍に入った人だ。文化大革命で大きな傷を受け、政治的な迫害を恐れたのだろうと、私は想像する。

 朴さんの母も、兄を探せなかった。韓国は反共国家で、「パルゲンイ(アカ)」と接触することは許されなかったのだ。

 つらい離散を経て、嬉しい再会があったことは、大きな幸いだった。朴さんは朝鮮族との縁を大切にして、新しい出会いを楽しんでいるのだ。

 この冬中国で、朴さんと李愛淑さんは久しぶりに再会した。二人のふくよかな手もまた、不思議なほどそっくりだった。

戸田郁子(作家)

(2017.3.8 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他のコラムニュース
民団は何をめざすのか<下-...
就任要件すべて緩和が筋「青年・学生」「地方」焦眉の課題◆国籍条項開放、根強い拒否感 民団が在日同胞の大統合に踏み切った。そして、...
民団は何をめざすのか<下-...
闘いが変化生んだ…多様化した社会に対応へ韓国籍への執着 筆者もその一人であるが、韓国籍に対する執着は尋常でない。当...
訪ねてみたい韓国の駅<22...
高速鉄道で終着駅大変身 「まもなく、この列車の終着駅、江陵に到着します」 高速鉄道の列車が、終着・江陵駅に近づいた。時刻は11時...

MINDAN All Rights Reserved.