地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > コラム
韓国テンプルステイ<10>俗離山 法住寺
独特の弥勒信仰で「仏土」の世界

 韓国の中央部に位置する国立公園の俗離山。忠清北道の報恩ターミナルからバスで20分、登山口である俗離山観光団地に着く。法住寺までは歩いて20分ほどだ。

 境内に入るやいなや、「ブォー」という音が山全体に響いた。イノシシの鳴き声とのこと。とんだ歓迎ぶりだったが、境内はいたって静寂に包まれている。最高峰の天凰峰(1057叩砲鬚呂犬8つの峰々が蓮の花のように寺院を取り囲み、寺名どおり「仏土」の世界そのものだ。

 まず目につくのが、俗離山を背にした黄金色の金銅弥勒大仏。高さ30辰曚匹發△蝓△修離好院璽襪飽掬櫃気譴襦E一新羅時代に建立されたが朝鮮朝時代に解体され、2000年代に入り再現されたものだ。地下には弥勒半跏思惟像が安置され、おごそかな雰囲気がただよう。

 大仏と向かいあってそびえる建物が捌相殿(国宝第55号)=写真上。韓国唯一の五重木造塔で、高さ21・2辰肪する。内部には釈迦の生涯のうち重要な8場面を描いた八相図を収蔵している。外観は上層に行くほど小さくなる屋根の描く曲線のコンビネーションが美しく違った角度から見る表情が変化に富む。

 553年に義信僧侶が創建。寺名は釈尊の教え(法)が住するという意味に由来する。776年、真表律師による再建を契機に、弥勒信仰の中心道場となった。百済、新羅の弥勒信仰は固有のシャーマニズム的な信仰と習合する形をとり、独自の信仰をはぐくんだといわれる。

 壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の際に木造建物が焼失し、創建当時につくられた石造物だけが残った。現在の殿閣は、1626年に碧巌禅師が改修、復元したもの。本来の伽藍は、大雄宝殿を中心にした華厳信仰と、龍華宝殿を主体にした弥勒信仰が、捌相殿で直角に交差するように配置されていたという。

 本堂の大雄宝殿は、華厳寺(全羅南道)の覚皇殿、無量寺(忠清南道)の極楽殿とともに韓国3大仏殿のひとつ。高麗時代半ばに建立されたといわれ、再建を繰り返しながら、2005年、現在の姿に復元された。

 国宝の石蓮池=写真下=は720年ごろの作品と推定されている。高さ約2叩⊆囲6・65辰如極楽世界の蓮池を象徴している。花崗岩の側面に彫られた花文様の精妙さは逸品との評価が高い。

 同じく国宝の双獅子石灯(高さ3・3叩砲眛瓜代の造形と推定され、韓国最古の石灯篭。1頭が口を開け、もう1頭が口を閉じた獅子が向かいあい、前足で灯篭を懸命に支え、後ろ足で石を踏みしめるという特異な形態だ。

 俗離山は峰々に怪石奇岩がつらなる。そのひとつ文蔵台には「3度登れば極楽に行ける」との言い伝えが残る。

 平日はテンプルステイ宿泊者が少なく、担当である尹コサニム(居士)と沈ポサルニム(菩薩)が山を案内してくれた。樅ノ木林道とは別に、僧侶が散策するという裏道を行く。人影はなく、歩きやすい。大きな岩が多いものの、整備された山道はここちよく、時おりリスが顔を見せるなど、山行を満喫できた。

 ◇忠清北道報恩郡俗離山面法住寺路405(8243‐543‐3615)

 弥勒信仰 弥勒菩薩を本尊とする信仰。仏滅後56億7000万年ののち、再び弥勒がこの世に現れ、釈迦の説法にもれた衆生を救うといわれる。新羅では「花郎は弥勒の化身」として護国思想と結びついた。

宋寛(韓国文化研究家)

(2017.8.15 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他のコラムニュース
訪ねてみたい韓国の駅<12...
名所になった貨物線跡 全羅北道群山は、近代化遺産の町だ。日本の支配を受けた時代には、主に米を輸出する港として栄え、約1世紀が経過...
韓国テンプルステイ<12>...
圧倒される3階法堂の「弥勒殿」 「食の都」「伝統芸能の故郷」などと称される全州(全羅北道)からバスで約1時間。歩いて15分ほどで...
訪ねてみたい韓国の駅<11...
歴史を背負うトンネル 「おーい、早くホームから出てくださーい」 今降りたばかりの「ムグンファ号」を見送っていると、駅舎から駅員が...

MINDAN All Rights Reserved.