地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > コラム
韓国テンプルステイ<11>頭輪山 大興寺
西山大師
1000体の仏像が並ぶ千仏殿の外観

義僧将の西山大師まつる表忠祠


 韓国の最西南部、海南(全羅南道)に行くにはソウル、釜山いずれからも高速バスで5時間はかかる。ターミナルから大興寺までは路線バスで約20分。

 寺の駐車場から洗心橋をわたり渓流に沿って40分ほど歩くと境内に着く。途中、彼岸橋や般若橋など9つの橋があり、1つわたるたびに心の荷物をひとつずつ下ろしていくといわれる。

 山門の一柱門は柱が一列に並び、「一心」の意味をこめている。世俗と浄土を分けるこの第1関門をくぐると、四天王のいる天王門、不二門(別称・解脱門)を経て本堂にいたる。

 後方に広がる道立公園・頭輪山(704叩砲亡悗垢訐睫脆弔砲茲襪函△修海ら見える稜線が横に臥している仏さまのように見えるとのこと。山が寺院全体をすっぽり包みこむような感じで、清浄な雰囲気が印象深い。山の頂上からは絶景の多島海を一望に見わたすことができる。

 426年に新羅の浄観尊者が創建したとの説があるが、514年に阿度和尚が建立したというのが有力らしい。朝鮮朝時代、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)のときに義僧兵【別掲】の精神的支柱となった西山大師=写真上=は、妙香山で入寂する際、「頭輪山は火・水・風の3つの災難がなく、法を広めるには適地である。自分の衣鉢(いはつ)をそこにおさめよ」と遺言した。

 その教えを継承していく過程で草衣禅師、梵海師をはじめ大宗師や大講師といった高僧を輩出し、韓国仏教の中心道場となった。最初は大屯寺と呼ばれたが、20世紀初めに大興寺に改称された。

 西山大師をまつる「表忠祠」は1669年、弟子たちによって建てられた。本来、儒教形式の祠堂であるが、義僧兵として活躍した松雲大師(四溟堂)らとともに奉安されており、護国寺院のシンボルといえよう。ちなみに、松雲大師は密陽市(慶尚南道)の「表忠寺」にまつられている。近年、朝鮮通信使研究の進展とともに義僧兵の評価が高まりつつあるのはよろこばしい。

 大寺院にふさわしく殿閣が多い。礼拝をおこなう大雄宝殿には釈迦三尊仏や16羅漢がまつられ、やや曲がりくねった太い柱が歴史を感じさせる。一度も火災に見舞われなかったのは西山大師の指摘どおりで、功徳を感じずにはいられない。

 テンプルステイ担当の金慶淑さんは「1000体の仏像が並ぶ千仏殿の外観はまさに飛翔せんとする鳥の姿のように美しい」と指摘する=写真下。仏像は慶州産の玉石でつくられた。

 山中には8つの庵があり、そのひとつ北弥勒庵に安置されている磨崖如来座像はすばらしく、一見の価値がある。名筆家として知られる秋史・金正喜の書など見どころは多い。

 ◇全羅南道海南郡三山面大興寺路400(8261・534・5502)

 義僧兵 16世紀末の壬辰倭乱の際、全国の寺院で義僧兵が豊臣軍に抵抗。特に高齢の西山大師とその弟子松雲大師が義僧兵5000人を率いて豊臣軍を打ち破る活躍ぶりをみせた。

宋寛(韓国文化研究家)

(2017.08.30 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
韓半島出身の旧軍人・軍属死者名...
 新幹社(高二三代表、東京・千代田区)の創立30周年記念出版会と祝賀会が5日、東京の在日韓国YMCAで開かれ、出版関係者や在日同胞、...
心の故郷済州島…在日本高内里親...
 在日本高内里親睦会(金哲祥会長)が創立されて今年90年を迎える。在日同胞の郷土親睦会としてはおそらく最も古いと言われている。東京都...
9月1〜10日、各地で追悼式…...
 94年前の9月1日の関東大震災時に虐殺された同胞の無念に思いを馳せ、首都圏の民団で追念式や慰霊行事が毎年開催されるが、負の事実を直...
その他のコラムニュース
訪ねてみたい韓国の駅<12...
名所になった貨物線跡 全羅北道群山は、近代化遺産の町だ。日本の支配を受けた時代には、主に米を輸出する港として栄え、約1世紀が経過...
韓国テンプルステイ<12>...
圧倒される3階法堂の「弥勒殿」 「食の都」「伝統芸能の故郷」などと称される全州(全羅北道)からバスで約1時間。歩いて15分ほどで...
訪ねてみたい韓国の駅<11...
歴史を背負うトンネル 「おーい、早くホームから出てくださーい」 今降りたばかりの「ムグンファ号」を見送っていると、駅舎から駅員が...

MINDAN All Rights Reserved.