地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > コラム
訪ねてみたい韓国の駅<13>京元線 白馬高地
行楽客でにぎわう分断の駅

 「兄さん、いいカメラ持ってるなあ。僕はこれを使っているんだ。このレンズはとてもよく写るよ」

 そう言って、おじさんは日本製のデジカメを自慢した。

 首都圏電鉄1号線から乗り換えて、京元線のディーゼルカーに揺られている。韓国の鉄道は通勤電車か特急ばかりになり、こんなローカル線の味わいを備えた列車は貴重になった。車内は、行楽客で満席だ。

 「見てご覧。もうすぐ、韓国戦争前に使われていた鉄橋跡が見える」

 終着のひとつ手前、新炭里駅を発車すると、おじさんは饒舌になった。京元線は、「京城」と「元山」を結ぶ路線という意味。元山は現在北側にある。韓国戦争によって分断された鉄道だ。

 新炭里駅から10分ほどで、終点・白馬高地駅に到着した。ここは、北緯38度26分、現在大韓民国が統治している地域としては、最北端の現役駅だ。

 白馬高地駅が開業したのは、2012年のこと。盧武鉉政権時代の2007年から始まった京元線復元事業によって新設された。駅名は、駅の北西にあり、韓国戦争で最大の争奪戦が行われた白馬高地に由来する。駅の周囲には田畑が広がり、少し離れたところに民家も点在するが、駅はほぼ観光専用。地元の利用客はほとんどいない。

 白馬高地駅からは、非武装地帯(DMZ)を見学する安保観光のツアーバスが接続している。

 「日本の兄さんは、バスツアーに参加するのかい? じゃあ、僕も一緒に行こう」

 外国人が珍しいのか、おじさんは1日同行すると言い出した。韓国らしい楽しい旅の出会いだが、おじさんはずっと喋り続けるので、正直に言えば少し疲れる。

 お手洗いに入り、今日はとことん交流しようと気持ちを切り替えた。ところが……。 「やっぱり、僕はバスに乗らず、次の列車で戻ることにするよ」

 お手洗いから出てくると、おじさんの態度が急に変わっていた。隣のおばさんが、ちらりと目配せする。ははあ、このおばさんが何か言ったのだ。「旅の邪魔をしちゃ気の毒ですよ」とかなんとか。

 「良い写真たくさん撮ってね。お気をつけて」

 そう言って握手をすると、おじさんは折り返しの列車に乗り込んだ。なんとも韓国らしい出会いと別れで、楽しい気分になった。おじさん、そしておばさん、ありがとう。 ツアーバスは1万4000ウォン。北韓軍が掘った第2南侵トンネルと鉄原平和展望台、そして月井里駅をめぐる。

 相当な距離のある第2南侵トンネルと、民族分断が生んだ皮肉な大自然を眺め、厳粛な気持ちになったところで月井里駅へ。ここには、復元された駅舎と、北韓軍によって完全に破壊された列車が展示されている。実際の月井里駅はもっと北にあったが、DMZであるため、現在の位置に復元されている。ここをかつて線路が通っていたことは間違いないが、その先には防護壁が立ちはだかり、鉄路が北へ進むことを拒んでいた。2015年には、白馬高地と北韓の平康を結ぶ復元工事の起工式が行われたが、工事は現在凍結中である。

 月井里駅から、まっすぐ白馬高地駅へ戻る。道路の横に、線路跡がはっきり見えた。再び列車が走るのは、果たしていつだろうか。

栗原景(フォトライター)

(2017.9.27 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
保育・幼児学費…韓国居住の在外...
 韓国の各種制度から在日韓国人が除外されている。韓国に住むある在日韓国人女性は、保育料支援から除外されている件で、憲法裁判所に訴訟・...
ノンフィクション作家・林えいだ...
 9月1日に肺がんのため死去した林えいだいさん(ノンフィクション作家、本名・林栄代)を追悼する写真展「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」...
「国籍差別」に異議…全国で拡大...
 法律上の制限規定がないにも関わらず、外国籍調停委員の採用拒否が拡大している。日本弁護士連合会(略称、日弁連)は17日、東京・千代田...
その他のコラムニュース
韓国テンプルステイ<19>...
高さ12メートルの掛仏禎画で屋外法会 百済の古都だった公州(忠清南道)のバスターミナルから鶏龍面事務所前で乗り換え、40〜50分...
訪ねてみたい韓国の駅<19...
過去と現在が共存する駅 ソウル市東の玄関、清凉里駅から中央線「ITXセマウル号」で約1時間。江原道の玄関口、原州駅に到着する。原...
訪ねてみたい韓国の駅<18...
近代史物語る文化財に 今、韓国には列車が一本も停車しない駅が増えている。韓国鉄道公社KORAILが、都市間輸送に特化し、地方都市...

MINDAN All Rights Reserved.