地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > コラム
訪ねてみたい韓国の駅<21>全羅線 書道
開業時の姿を再現した旧書道駅。1劼曚瀕イ譴申蠅砲崔明姫文学館もある
実質2年で閉鎖された現在の書道駅。南原市内からは523番バスが1日5本運行されている
2つの駅舎、皮肉な運命

 12月のある朝、全羅北道南原市内のバス停から、ロボン行きの市内バスに乗った。バス停には時刻表が記載され、ぴったり時間通りにバスが来るのは、地方都市ならでは。国道17号線を北上し、南原に伝わる民話にちなんだ春香トンネルを抜けると、小さな道に入った。離合するのがやっとの細い舗装道路。田んぼや高麗人参畑の間に点在する小さな集落をまわっていく。集落の入口には、「○○マウル(村)」と書かれた石碑があり、バス停のポールすらない場所に、どこからともなくおばちゃんが現れては、ぱらぱらと乗り降りしていく。顔なじみも多いらしく、おばあちゃん、今日はどこへ行くのといった会話も聞こえてくる。

 やがて、道路の下に古い線路が見えてきた。

 「お客さん、ここで降りるといい」

 運転手に促されて降りたのは、人通りのない三叉路。林の向こうに、数軒の民家が見えている。歩いていくと、古い木造駅舎が現れた。切妻式の瓦屋根は、まるで日本の地方の駅を見ているようだ。

 全羅線、書道(ソド)駅。構内には、線路脇に旧式の信号切替レバーが並んでいる。だが、列車が来る気配は感じられない。

 ここは、2002年、全羅線の線形改良によって移転・廃止となった旧駅舎である。益山から全州、南原を経由して麗水に至る全羅線は、カーブが多く、極端に時間がかかる路線だった。そこで、高架橋とトンネルを主体とした直線的な新線を新たに建設、抜本的なスピードアップを図ったのである。近年、こうした高速化が各地で行われているが、全羅線はそのはしりと言える。

 廃止された旧書道駅は、文化財に登録されることもなく速やかに撤去される予定だった。しかし、全州出身の小説家、崔明姫による大河小説「魂火」の舞台となったことから、地元南原市が敷地と設備を約3億ウォンで購入。5億ウォンかけて1932年の開業当時の姿を復元し、記念公園として一般に開放した。現在では、映画やドラマの撮影にもたびたび使用されている。

 保線作業員の詰所や、タブレット(ある区間の走行を許可する通行証)の授受機も保存されており、今にも列車が走ってきそうな雰囲気だ。壁面をモルタル塗りにせず、シンプルな切妻屋根の木造駅舎も韓国では珍しい。駅舎内に、観光客による落書きが目立つのが惜しい。

 集落の反対側には、新幹線かと思うような立派な高架線が見える。あちらが、現在の全羅線だ。在来線規格ながらも最高速度は時速160劼如高速鉄道KTXや観光列車のS‐TRAIN(南道海洋観光列車)も運行されている。

 立派なコンクリートの駅舎は、2002年の線路移設時に開業した現在の書道駅だ。だが、あちらにも今は列車が1本も停車しない。移転開業からわずか2年後の2004年に旅客取扱を中止。2008年には、運転関係の職員も撤収し駅員無配置駅となったからだ。登録上は今も現役の駅だが、駅舎入口は封鎖され、立ち入ることはできない。

 お昼が近づき、旧駅にちらほらと観光客の姿が見えるようになってきた。皆、車で駅舎や線路をスマホやカメラで撮っていく。

 封鎖された新駅と、今も人が訪れる旧駅。2つの書道駅は、実に対照的だ。

原景(フォトライター)

(2018.1.17 民団新聞)
 
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他のコラムニュース
民団は何をめざすのか<下-...
就任要件すべて緩和が筋「青年・学生」「地方」焦眉の課題◆国籍条項開放、根強い拒否感 民団が在日同胞の大統合に踏み切った。そして、...
訪ねてみたい韓国の駅<23...
スキー競技と観光の玄関口 いよいよ平昌オリンピックが開幕した。この週末は、人気種目の1つである、スキージャンプ・ラージヒル個人が...
民団は何をめざすのか<下-...
闘いが変化生んだ…多様化した社会に対応へ韓国籍への執着 筆者もその一人であるが、韓国籍に対する執着は尋常でない。当...

MINDAN All Rights Reserved.