地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 社説 | コラム | 本部・支部
Home > ニュース > 同胞生活
<民団新年会>未来創造全同胞の力で(17.01.18)
 民団中央本部と東京本部が合同主催した2017年度新年会が12日、東京都内のホテルで開かれ、首都圏をはじめ全国主要本部の民団幹部や韓日両国の国会議員、友好団体代表ら600余人が参加した。両国の国会議員ら来賓は、創団70周年の一連の活動を評価するとともに、ヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)の根絶のために全力を尽くすと強調した。また、「慰安婦問題」で韓日関係が再び...

韓国の皆さんに訴えたい…呉公太中央団長の新年会挨拶(要旨)(17.01.18)
 昨年、民団は創団70年を迎え韓日両国で様々な活動を成功裏に終えました。青少年1500人が参加した母国訪問と在日70年写真展も本国で開催し、KBS、YTNでもドキュメンタリーが放映されました。 そして、在日同胞が本国に貢献した歴史が教科書に掲載されるよう継続して活動を展開していきます。これは、必ず掲載されなければならず、強力に要請いたします。 また、日本の国...

韓日友好協力前進の年に…民団中央・東京 合同新年会来賓祝辞(要旨)(17.01.18)
■□「両国合意」は守るべきと確信李俊揆・駐日韓国大使 昨年末の出来事によって、韓日関係が厳しい状況となり気の重い中で新年を迎えました。韓日関係が厳しくなると最も大きな打撃を受けるのが民団を初めとした在日同胞であり、私としても申し訳ないと考えています。 一昨年末の従軍慰安婦に関する韓日の合意事項は必ず守るべきであり、両国が友好協力関係を保っていくべきだと確信し...

          1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  >>
最も多く読まれているニュース
岐路に立つパチンコ業界<1>
深刻な犲禺堽イ讚瓠嵒埓亀‥欝遏廚追い討ち 在日同胞社会にとっての基幹産業とも言うべきパチンコ業。その発祥は1930年代まで遡り、日...
<新年辞>大統合で堅固な求心体...
多様化する価値観見据え新時代の民団創ろう 丁酉の新年を迎え、内外同胞の多幸を祈り、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。 昨年、民団...
<平昌五輪>在日同胞の協力要請...
 2018平昌冬季五輪組織委員会の李熙範委員長は12月16日、東京・港区南麻布の民団中央本部を訪れ、呉公太団長や崔相英在日本大韓体育...
その他の同胞生活ニュース
「さらなる飛躍の年に」…各...
功労者表彰も 神奈川(金利中団長、6日=横浜市内のホテル)神奈川韓商(趙成允会長)、横浜中央信組(呉龍夫理事長)と合同で開催。2...
横浜中央・九州幸銀が3月1...
臨時総代会で承認…相乗効果期待 横浜中央信用組合(呉龍夫理事長、本店・横浜市)と九州幸銀信用組合(金龍海会長、溝江...
ハンセン病同胞療養者訪ね激...
 【岡山】民団岡山本部(宋燦錫団長)は12月23日、岡山県瀬戸内市の国立ハンセン病療養施設、長島愛生園と邑久光明園で暮らす同胞を...

MINDAN All Rights Reserved.