地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > スポーツ
「青年会」80人が五輪会場入り…太極旗手に声援(18.02.14)
 在日韓国青年会(朴裕植中央会長)の平昌五輪在日青年応援団80人は11日、江陵オーバルで行われたスピードスケート男子5000メートルを観戦した。試合中盤にあたる5組目に韓国の李承勲が紹介されると、応援団は大小の太極旗を振りながら、大声援で迎えた。 残り3周からラストスパートをかけた李選手がラップタイムでそれまでの首位を上回るタイムが見えてくると青年たちは「行...

<平昌五輪>華やかに開幕…金メダル1号、林孝俊ショートトラック(18.02.14)
 平昌冬季五輪が9日、開幕した。韓国で五輪が開催されるのは1988年のソウル五輪以来30年ぶりで、冬季大会は初めてのこと。スポーツと平和の祭典は25日まで17日間開かれ、冬季五輪史上最多の92カ国・地域から2920人の選手が冬季大会で最多となる102個のメダルをかけて熱戦を繰り広げる。開会式には民団中央本部の呉公太団長をはじめ、東京、大阪、兵庫、京都、福岡な...

金1号・林孝俊歓喜の雄叫び…男子ショートトラックでソチの雪辱(18.02.14)
 平昌冬季五輪韓国代表チームの最初のメダルはやはり、ショートトラックの林孝俊(韓国体育大学)の金メダルだった。 林は10日、江陵アイスアリーナで行われた男子ショートトラック1500メートル決勝で、2分10秒485のスコアで1位を記録した。 4年前のソチ五輪で無冠に終わった男子ショートトラックは林孝俊のおかげで自尊心を取り戻した。2010年バンクーバー五輪で李...

          1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  >>
最も多く読まれているニュース
新しい地平切り拓く若手在日同胞...
「在日」のあなたに…いま何をしているか朴沙羅 神戸大学・大学院国際文化学研究科講師◆これまでの生き方・現在の研究テーマ...
済州に「在日村」構想…在日3世...
次世代教育の場願い 済州島の魅力をまるごと語らうシンポジウムが12月17日、東京・千代田区の在日韓国YMCA9階国際ホールであった。...
韓日友好どう進める…日本与野党...
 今年は「韓日共同宣言」から20周年の節目の年に当たる。昨年秋には、韓日の民間組織が共同申請していた朝鮮通信使がユネスコの世界記憶遺...
その他のスポーツニュース
1500メートル金敏錫、大...
 13日夜、江陵オーバルで行われたスピードスケート男子1500メートル決勝で、韓国の金敏錫(19)が1分44秒93で銅メダルを獲...
長距離のエース・李承勲…ま...
 韓国スピードスケート長距離の看板スター、李承勲(30)は11日午後、江陵オーバルで開かれたスピードスケート男子5000メートル...
韓国のレジェンドジャンプ2...
 1998年の長野冬季五輪から、6大会連続で五輪に出場している選手が2人いる。スキー・ジャンプの金鉉起(35)と崔栖஠...

MINDAN All Rights Reserved.