地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社説
<社説>多様化した同胞牽引を…結成40周年の在日韓国青年会(17.03.08)
 在日本大韓民国青年会中央本部が2月27日、結成40周年を迎えた。この間、韓国民団(民団)を継承する次世代として、中核の役割を果たしてきた。 青年会が最も行動力を発揮したのは、1980年代の外国人登録法(外登法)改正運動だったと言っても異論はないだろう。 85年の外国人登録証大量切替を前にして、同胞社会の課題に責任をもつ民団は、重大な決意を迫られていた。外登...

<主張>慰安婦問題の早期解決、韓日関係の改善を望む…賢明な判断と処置で(17.01.26)
 慰安婦問題をめぐって韓日関係が冷え込み、硬直し始めた。事の発端は、昨年末の駐釜山日本総領事館前への慰安婦を象徴する少女像設置だ。日本政府は駐韓大使と駐釜山総領事を一時帰国させるなどの厳しい対抗措置をとった。 事態を重く見た民団は、さる1月12日に東京都内で開かれた民団新年会で、呉公太団長が「釜山の慰安婦少女像をなくすことが、在日同胞の総意だ」と表明した上で...

<社説>THAAD配備に揺れる韓国…決然と示せ国防の覚悟(16.07.27)
 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の駐韓米軍への配備決定をめぐって、韓国が激しく揺れている。反対世論の噴出は織り込み済みとはいえ、暗たんたる思いが募る。「時間」に余裕がないからだ。実戦配備視野に THAAD配備は核・ミサイル兵器の開発に突き進む北韓の軍事的脅威から韓国を守るための、現段階では最低限の措置と言わねばならない...

          1 2 3 4 5 6 7 8  >>
最も多く読まれているニュース
<大統領選挙>在外選挙投票は4...
大統領選挙投票日は5月9日在外選挙投票は4月25日から6日間 第19代大統領選挙の投・開票日が5月9日に確定した。 在日同胞をはじめ...
<江戸川>公共施設の利用制限…...
「対策法」趣旨踏まえ…東京都内で初 2016年5月の「ヘイトスピーチ対策法」の成立を受け、東京・江戸川区が同年の第4回...
<大統領選挙>日本の在外投票所...
全国民団で投票呼びかけ 第19代大統領選挙にともなう在外選挙人登録は30日に締め切られる。民団では25、26日の「集中登録日」を中心...
その他の社説ニュース
<社説>天安艦の撃沈から2...
 「たとえ肉体は滅んでも、その魂は歴史のなかで復活し、国民の心とともに永遠に生き、自由大韓の守護神となれ」。白 島に建立された「...
<民論団論>「親日人名事典...
「民族精気」歪める 〈恨〉は自己発展の触媒に  解放からもうすぐ63年になるというのに、韓国国民の一部には高齢世代を中心...
<11.7全国決起大会>カ...
 民団は来る11月7日、東京・日比谷野外音楽堂で「永住外国人に地方参政権を! 11・7全国決起大会」を開催する。参加者は約500...

MINDAN All Rights Reserved.