地方本部 HP 記事検索
「済州4・3事件」遺族への支援金…追加申請を実施   2018-02-06

「4・3事件」遺族への支援金 追加申請を実施

 済州4・3事件真相究明及び犠牲者名誉回復実務委員会(委員長・元喜龍済州道知事)では、4・3事件法施行令の改正に依拠し、何らかの事情で、今までに申告できなかった犠牲者と遺族の生活を支援する「追加申告受付及び広報計画」を推進している。

 犠牲者または遺族が申告すると、同委員会による事実調査の後、条件を満たしている者は生活支援金が支給される。

 同委員会では特に海外同胞の中に未申告者が多く残っており、特に在日同胞に多くいると分析している。洪性洙副委員長を代表とした一行が1月下旬に日本を訪問。大阪と東京の済州道民会と遺族会をはじめ、駐日公館と民団中央本部などに協力を呼びかけている。

 対象者は1947年3月1日から54年9月21日までの間に「4・3事件」による死亡した者、不明者、または後遺症が残った者と受刑者が対象となる。

 遺族の場合は配偶者と直系尊属(両親など)、卑属(子・孫など)が対象だが、該当遺族がいない場合、兄弟姉妹などの傍系血族まで範囲を広げる場合もある。

 期間は今年12月31日まで。申請方法や提出書類などの問い合わせは、駐日韓国大使館・領事館または関東および関西の済州道民会まで。
(2018.02.06)
お知らせ一覧
「済州4・3事件」遺族...
「4・3事件」遺族への支援金 追加申請を実施 済州4・3事件真相究明及び犠牲者名誉回復実務委員会(委員長・元喜龍済州道...
地方掲示板・2月の予定...
■民団関連行事◆東 京▽東京韓国学校「高等部卒業式」=3日10時/同校講堂▽江戸川支部「新年会」=3日11時/船堀タワーホール▽...

MINDAN All Rights Reserved.