映画、特に商業映画(劇映画)は、しばしば社会のニーズとその時代状況が反映される。
「歌は世につれ、世は歌につれ――」と言われるように、映画もまた社会(世相)と時代を映すカガミである。
三年後の二〇一〇年は、日本による朝鮮植民地支配である一九一〇年の?韓国併合?から百年になる。
この百年の間、日本映画の中に「在日」が登場する作品は決して少なくない。
戦前は、植民地時代を反映して「内鮮一体」
「内鮮一如」を鼓舞する、いわゆる国策映画が数多く制作された。
日本の敗戦、朝鮮の解放を迎えた戦後の日本映画の中の「在日」は「貧困と差別」がテーマとなった。
そして、一方では差別的に描かれ、他方では良心的・友好的に描かれる時代が続いた。
時代が移り、経済成長をとげた豊かな日本社会と「在日」の世代交代によって
「貧困と差別」という主題は過去のものとなってしまった。
それに代わって、自らのアイデンティティーを問う映画が目立つようになった。
戦後六十数年――。
現在も「在日」が登場する映画は制作されている。
この社会に「在日」が存在するかぎり、これからも「在日」は日本映画に描かれつづけるであろう。
何故なら、それは日本が清算しなければならない近・現代史のツケだからである。

●会場
韓国中央会館8F MINDANホール
東京都港区南麻布1-7-32/地下鉄 南北線・大江戸線 麻布十番駅下車 徒歩3分
地図←クリックしていただくと略図を表示します。

●プログラム
11月23日[金・祝] “終戦”後に描かれた在日day
13:30 開場
14:00〜14:10 主催者あいさつ
14:10〜15:55 ●上映『にあんちゃん』
(今村昌平監督/59年/101分/白黒)
15:55〜16:15 休憩
16:15〜18:00 ●上映『あれが港の灯だ』
(今井正監督/61年/103分/白黒)
18:00〜18:30 トーク「“終戦”後に描かれた在日」
門間貴志(映画評論家・明治学院大学准教授)
呉徳洙(映画監督・映画祭コーディネーター)
11月24日[土] やくざ映画に描かれた在日day
13:30 開場
14:00〜14:10 主催者あいさつ
14:10〜15:50 ●上映『やくざの墓場〜くちなしの花〜』
(深作欣二監督/76年/99分/カラー)
15:50〜16:10 休憩
16:10〜18:00 ●上映『新・仁義なき戦い。』
(阪本順治監督/00年/109分/カラー)
18:00〜18:30 トーク「やくざ映画に描かれた在日」
阪本順治(映画監督)
呉徳洙(映画監督・映画祭コーディネーター)
11月25日[日] 井筒和幸の描く在日day
13:30 開場
14:00〜14:10 主催者あいさつ
14:10〜16:05 ●上映『ガキ帝国』
(井筒和幸監督/81年/115分/カラー)
16:05〜16:25 休憩
16:25〜18:25 ●上映『パッチギ!』
(井筒和幸監督/04年/119分/カラー)
18:25〜19:00 トーク「井筒和幸の描く在日」
井筒和幸(映画監督)

●入場料
1日券:前売1,000円 当日1,300円
3日通し券:2,700円(前売のみ)
※前売・予約開始 11月1日(木)より

●映画券の購入方法
 民団中央本部文教局で直接購入できます。(平日10:00〜17:00) 予約:電話(03-3454-4615民団中央文教局)または、e-mail(bunkyo@mindan.org)でお名前、電話番号、希望日(1日券か3日間 通し券か)をお知らせ下さい。送金は郵便振替で、00100-1-445736 「韓国民団文教局」宛にお願いします(送金手数料はご負担下さい)。

 チケットのお渡しは、前日までは民団中央本部文教局、当日は上映 前に8F会場入口にてお渡しいたします。

  当日券は、毎日上映前に8F会場入口にて販売いたします。 チケットを購入された方は、パンフレット(300円)を無料で差し 上げます。

主催:在日本大韓民国民団中央本部
企画:「MINDAN FESTIVAL /第4 回 映画祭」企画委員会
後援:駐日韓国大使館 韓国文化院/日韓議員連盟/日韓協力委員会/日韓親善協会中央会
協賛:駐日韓国企業/在日韓国企業/麻布十番商店街振興組合/他
協力:ひかり映画社/東映/東映ビデオ/東宝・ATG /シネカノン/東京国立近代美術館フィルムセンター/川喜多映画財団