Mindan ASP HP

愛知


  
  
  
453 - 0012
名古屋市中村区井深町1-1 新名古屋センター本陣街220号
TEL 052-452-6431
FAX 052-452-1716
aichi@mindan.org








  民団あいち県下13支部傘下団体・機関・関連団体予定表60年史 

民団あいち 60年史


写真で見る民団愛知県本部60年の歩み
第1章 解放以前の在愛知同胞
日帝の侵略と抗日義兵闘争/日帝の植民地統治/在日同胞の背景と人口の推移/解放前の愛知同胞の生活実態/協和会と皇民化事業/戦前の参政権事情/愛知県における強制連行/民族独立運動の展開/愛知県における民族運動の歩み
第2章 解放直後の在日同胞社会(1945~1946年)
光復を迎える/南北分断/在日本朝鮮人連盟(朝連)の結成/東海朝鮮青年同盟の活動/在日朝鮮建国促進青年同盟(建青)の結成/新朝鮮建設同盟(建同)の結成
第3章 民団愛知の結成(1946~1950年)
在日本朝鮮居留民団(民団)の誕生(1946年10月3日)/民団愛知県地方本部の結成(1947年10月15日)/民団愛知県本部の再宣言/朝連の解散/在外国民登録の実施/権尚基執行部の活動実績
第4章 創団期の民団愛知(1950~1954年)
大韓民国政府の樹立/6・25動乱と在日義勇軍/大韓青年団愛知県本部の結成/裵小斤執行部の誕生/姜末律執行部の誕生/サンフランシスコ講和条約と「在日」の国籍/外国人登録法と出入国管理令の制定/趙正局執行部の誕生/民団愛知県本部被襲事件/姜末律団長再選/金剛信用組合の設立
第5章 建設期の民団愛知(1954~1960年)
李春植執行部の誕生/民団愛知機関紙『東海新報』の創刊/成人教育夜間学校の開校/第1回民団愛知大運動会/朝総連の結成/劉学燮執行部の誕生/第2回愛知県韓国人大運動会/朝総連傘下同胞に門戸開放/赤塚の民団愛知県本部の火災/権尚基初代団長逝去/名古屋駅西に民団愛知県本部会館建設/伊勢湾台風罹災者救援活動の展開
第6章 本国の激動と在日同胞社会(解放~1962年)
在日同胞の帰国問題と日本社会/決死の北送反対運動/愛知県における北送反対運動/「地上の楽園」の真実/北送打ち切りと脱北者問題/鄭煥麒執行部の誕生/大韓青年団から在日韓国青年同盟(韓青)へ/5・16軍事革命と民団/愛知県韓国人納税貯蓄組合連合会の結成/金龍煥執行部の誕生/韓日会談促進愛知県民衆大会開く/愛知県韓国人体育会の再建/愛知県韓国人商工会の設立/愛知県韓国人経友会の結成
第7章 韓日条約と在日韓国人の法的地位(1963~1967年)
鄭煥禧執行部の誕生/“名古屋駅裏”立ち退き問題で共闘/東京オリンピック参観団招請事業の展開/法的地位及び処遇要求貫徹愛知県民衆大会/民団の基本的要求事項/韓日条約仮調印に対する民団声明/韓日条約の調印/法的地位及び待遇に関する協定/韓日協定本調印歓迎祝賀会開く/社会党の成田暴言に抗議/名古屋韓国学校の新校舎落成/第4回地方委員会の開催(1966年3月)/名古屋領事館の開設/民団第4次宣言(1966年6月6日)/在日僑胞学生母国夏季学校スタート/名駅・椿町に民団愛知県本部会館建設/第6回地方委員会の開催(1967年6月6日)
第8章 在日第2世代の台頭(1967~1973年)
金龍煥団長の再選(1967~1969年)/第7回地方委員会の開催(1967年11月)/朝鮮大学校認可反対/愛知韓青の史劇『死六臣』に特別賞/愛知県日韓協会の結成/再び法的地位要求貫徹運動/第8回地方委員会の開催(1968年4月20日)/第10回在日韓国人体育大会で2位/11・13 愛知事件/本国旱害義捐金の伝達/李春植執行部の誕生(1969~1973年)/入管法反対闘争/永住権申請促進運動に全力/大阪万国博覧会招請事業/ソウルで故金龍煥同志銅像除幕式/第31回世界卓球選手権大会後援事業/自立財政確立に挙団的な取組み/札幌冬季オリンピック後援・招請事業/民団東京本部直轄の影響/第5回愛知県韓国人大運動会/7・4南北共同声明を支持歓迎(1972年7月4日)/韓青・韓学同の傘下団体取り消し
第9章 民団愛知の基礎構築へ(1973~1980年)
権会俊執行部の誕生(1973~1980年)/セマウル運動/日韓友好自民党議員連盟を設立/KJ旅券と外国人登録記載事項変更/割当金制度定着化を宣言/朴正熙大統領狙撃事件(1974年8月15日)/9・18朴大統領事件背後糾弾大会/50時間民族教育義務制スタート/愛知韓国学園、学校法人認可得る/セ民団運動推進/青年会愛知県本部の結成/権会俊団長再選/「戦争反対・平和守護」中北決起大会開く/民団中央創団30周年記念行事に参加(1976年11月)/沖縄海洋博参観事業と慰霊塔建立/体育会中北本部へ昇格(1974年12月)/権尚基初代団長、望郷の丘に移葬/権会俊団長、三選へ/朝総連系同胞の省墓団事業/中央組織学院始まる/8・13池之端事件起こる(1977年8月13日)/愛知県韓国人青年経済会が発足/’79「180日間運動」を展開/愛知県韓国人商工会10年ぶりに再建
第10章 差別撤廃・権益擁護運動(1946~1980年)
民団の権益擁護運動の歩み/法的地位要求貫徹運動(1964~1965年)/法的地位対策委員会の調査活動/行政差別撤廃運動の展開(1975年~現在)/私立高校入学差別に抗議/名古屋市の「児童養育手当」実現(1975年4月)/公営住宅入居権を獲得/愛知県韓国人消費生活協同組合の設立/民団資産の管理保全/不動産取得税免除要求貫徹(1978~1981年)/愛知県同胞にも遺児手当支給へ(1979年4月1日)/生活相談室の開設(1978年5月)
第11章 発展期の民団愛知(1)(1980~1983年)
金宰淑執行部の誕生(1980年5月)/在日韓国人生活擁護120日間運動(1980年6月~)/三光保険株式会社を設立/第8回愛知県韓国人大運動会/神戸ポートピア博覧会参観団招請事業/日本の国体参加認める(1981年9月)/第29回定期地方委員会開催(1982年4月27日)/権益擁護運動理論誌『峠』の発刊(1982年10月)/愛知県教員採用で国籍条項撤廃へ/日本の教科書の史実歪曲問題/愛知県日韓親善協会連合会の設立/民族和合民主統一促進100日運動(1982年)/学生会愛知県地方本部の結成(1982年11月3日)
第12章 発展期の民団愛知(2)(1983~1989年)
姜大海執行部の誕生(1983年4月)/ソ連の大韓航空機撃墜事件(1983年9月1日)/北韓のラングーン爆弾テロ事件(1983年10月9日)/第9回愛知県韓国人大運動会/指紋押捺・常時携帯撤廃要求100万人署名運動/名古屋で組織強化対策会議開く/母国訪問推進委員会の再建/民族教育振興推進委員会の発足/NHKハングル講座の開設(1984年4月)/全斗煥大統領、初の公式訪日(1984年9月)/監察委員会の研修会開く/サハリン残留韓国人同胞帰還問題/民団愛知、名古屋まつりに参加/指紋押捺留保・拒否運動の展開(1985年)/愛知県における留保運動/ソウルオリンピック後援誠金運動/第10回愛知県韓国人大運動会(1986年10月)/愛知韓国人会館の建設事業(1987~1989年)/民団愛知県地方本部奨学会を設立/愛知で’89全国団長会議開く
第13章 飛躍期の民団愛知(1)(1989~1995年)
金榮顯執行部の出帆(1989年4月)/「91年問題」の要求貫徹へ/総合研究委員会の設立(1989年)/愛知商銀預金1,000億円達成(1989年)/第11回愛知県韓国人大運動会/第38回定期地方委員会の開催(1990年4月)/戦後補償問題/愛知韓国人会館放火事件(1990年5月17日)/第39回定期地方委員会の開催(1991年4月)/名中支部の誕生(1991年7月)/韓日親善プロ野球スーパーゲームを応援/第40回定期地方委員会の開催(1992年4月)/金榮顯団長の再選/ビクトリーレインボー作戦の展開(1992~1994年)/第12回愛知県韓国人大運動会/第41回定期地方委員会の開催(1993年4月)/『生活ガイド民団あいち』発行/大韓民国勲章受勲祝賀会開く/講座制「民族大学名古屋教室」を開設/民生サービスとしての領事業務/第42回定期地方委員会の開催(1994年4月)/新西支部の誕生(1994年6月)/愛知県議会、地方参政権意見書を採択(1994年12月20日)/阪神大震災救援活動/在日本大韓民国民団に改称──居留から永住へ(1994年4月20日)/第43回定期地方委員会の開催(1995年4月)
第14章 飛躍期の民団愛知(2)(1995~2001年)
権泰洙執行部の誕生(1995年4月22日)/光復50周年記念行事/’95「100日間運動」を実施/愛知県下77自治体で地方参政権意見書採択/第1回ブライダルパーティー/総合研究委員会の第3次提言/第44回定期地方委員会の開催(1996年4月)/民団第6次宣言(1996年3月27日)/朝総連と年金要望書を共同提出/第13回愛知県韓国人大運動会/第45回地方委員会の開催(1997年4月)/’97「120日間運動」/民団愛知創団50周年記念事業/権泰洙団長の再選/金大中大統領の訪日/地域振興券を在日同胞にも支給/コリアンフェスタあいち’98を開催/民団愛知の成人式で宣銅烈選手が激励/第169期民団中央組織学院愛知教室の開講/中北体育会が初のボウリング大会/コリアンフェスタ’99を開催/介護保険セミナーを実施/指紋押捺制度は全廃へ(2000年4月1日)/9・11東海集中豪雨と民団の救援活動
第15章 21世紀の幕開けと民団愛知(2001~2004年)
21世紀最初の年2001年/崔東佑執行部の誕生/6・5地方参政権要求全国集会の開催/民団で初のオリニジャンボリー開催/9・11同時多発テロ事件に世界が震撼/第14回愛知県韓国人大運動会/民団愛知21世紀委員会の立ち上げ/婦人会愛知創立50周年記念式典開く/2002年韓日共催サッカーワールドカップ/高浜市が全国で初めて常設型住民投票条例を制定/住民投票権付与要望活動を展開/介護講習会・実習会・土曜学校の実施/第1回ワンコリア囲碁大会を開催/石原東京都知事の妄言に抗議行動/婦人会無窮花会100回記念コンペ/愛知県韓国人経友会が創立40周年を祝う/小泉首相の訪朝と拉致問題の惹起
第16章 世代交代と民団愛知創団60周年(2004年~)
梁東一執行部の誕生/永住外国人の住民投票権付与/相次ぐ自然災害に同胞愛を発揮/韓日歴史文化フォーラムが始まる/韓流ブームが日本全国を席巻/コリアンフェスタあいち2004を開催/民団愛知議決・監察機関研修会開く/事業部の新設/サッカー協会中北本部の設立/愛知韓商・朝鮮商工会が『ビジネス名鑑』を共同発刊/第195期民団中央組織学院愛知教室を開催/日本中学歴史教科書問題/韓国国会が永住外国人に地方選挙権を付与(2005年6月30日)/無年金問題で自治体と交渉/愛知万博後援事業/生協名義に移転完了/21世紀委員会が第2次答申へ/5・17事態(2006年5月17日)/民団正常化と愛知/BRIDAL PARTY 2006 in NAGOYA/愛知平和統一フォーラム開催/学生会愛知県本部の再建(2007年3月9日)/第37回定期大会で三機関長を再選/再入国許可制度の適用除外を/民団愛知60周年記念事業
第17章 民団愛知の現在と今後 / 駐名古屋大韓民国総領事館
李明博政府の出帆/重要さを増す永住外国人の地方参政権/民団愛知の主な事業/生活者団体として同胞の権利を守る/子どもたちの未来のために/駐名古屋大韓民国総領事館

東中支部
名南支部
中村支部
名中支部(旧中川、旧熱田、旧名港の各支部)
春日井支部
岡崎支部
一宮支部
瀬戸支部
豊橋支部
新西支部(旧名西、旧西春の各支部)
豊田支部
知多支部
西碧支部
豊川支部

在日本大韓民国婦人会愛知県地方本部(婦人会)
在日本大韓民国青年会愛知県地方本部(青年会)
建青/大韓青年団/韓青
在日本大韓民国学生会愛知県本部(学生会)/韓学同
愛知韓国商工会議所
愛知韓国青年商工会
在日本大韓体育会中北本部(体育会)
在日学徒義勇軍同志会中部連合会(軍人会)
学校法人愛知韓国学園 名古屋韓国学校
信用組合愛知商銀
愛知県韓国人経友会
三光株式会社
   TOP   


地方本部・傘下団体

宮 城
東 京
神奈川
静 岡
愛 知
大 阪
兵 庫
京 都
岡 山

青年会
婦人会
体育会
学生会
科技協



在日本大韓民国民団  Copyright 2005 by Mindan. All Rights Reserved.