民団愛知県本部・各支部実務者 PCR検査 定期実施について

団員皆様の安心・安全のため
 民団愛知県本部・県内各支部は、団員皆様の安心・安全のため、2021年4月より、全実務者に新型コロナウイルスのPCR検査を定期実施することを決定致しました。
 
取組背景
 発生の報道に触れてから1年強が過ぎた今日でも、新型コロナウイルス感染症が収束するには至らず、感染拡大が止む気配がありません。ようやく医療従事者や高齢者へのワクチン接種が始まったとはいえ、有効な治療薬の開発は未だ進行中で、民団においても全都道府県本部が一致団結し、感染拡大予防に努めることが必要です。

 民団愛知ではコロナ禍に対応できる「ニューノーマル事業」の模索や非対面型事業の検討を進めながら、コロナ新時代に対応できる組織作りを目指しております。

 この度、民団員や関係者の皆様が安心して本部や支部に訪問できるよう、県内全実務者向けにPCR検査の定期導入を決定いたしました。検査には市販されている唾液によるPCR検査キットを使用致します。

検査内容
 唾液によるPCR検査(市販)

検査期間
 2021年4月から当面の間、毎月1回、月初に実施予定

検査対象
 ・民団愛知県本部 全実務者
 ・民団愛知県13支部 全実務者(パート含む)

在日本大韓民国民団愛知県地方本部
団長 朴茂安