トータルニュース リスト

在日3世の金琳煥が「銀」…柔道世界選手権 東京五輪へ前進

26日、日本武道館で行われた柔道世界選手権2日目の男子66㎏級決勝で在日3世の金琳煥(27・韓国馬事会)が銀メダルを獲得した。今年2月のグランドスラム・デュッセルドルフ大会に続く銀メダルで、5月に中国フフホトで開かれたグランプリでは優勝しており、来年の東京五輪出場に向け大きなステップとなった。  準決勝までの6試合は得意の内掛け...

2019-08-28

関係改善へ努力強調 光復節で各党代表祝辞

平沢勝栄(自民党衆議院議員、党総務会長代理・日韓議員連盟幹事、額田福志郎日韓議員連盟会長祝辞代読)  夏休みに入って、日韓両国の学生・青少年が待ち望んでいた修学旅行やホームステイ、自治体間の交流が相次いで延期・中断の事態に追い込まれている。また、人の往来や経済活動にも影を落としている。スポーツ・文化をはじめとす...

2019-08-27

韓日友好を下支え…光復74周年、各地記念式で誓う

 光復節記念式典は中央式典のほかにも各地方本部が開催した。2部では各地とも記念講演、映画鑑賞、伝統音楽のステージ、豪華賞品の当たる抽選会など趣向を凝らしたアトラクションと企画で参加者を喜ばした。各団長は式典で民間レベルで韓日友好を下支えしていく決意を内外にアピールした。...

2019-08-26

「最高の仲間に出会えた」…学生会KSJ 語り触れあった4日間

 【岐阜】在日韓国学生会(李裕海会長)のKSJ(在日韓国大学生ジャンボリー)が24日までの4日間、岐阜県飛騨高山で開かれ、全国の同胞学生約50人が連帯を深めた。オリニジャンボリーや次世代サマースクールに参加した「卒業生」に加え、学生会の全国イベント初参加が半数近かった。    初日開会式で李会長は「全国同胞学生の仲間たちと語り触れ...

2019-08-26

韓日友好増進の先頭に…光復節中央式典決議

組織強化へ次世代育成 韓半島非核化促求も  第74周年光復節中央記念式典(民団中央本部主催、東京本部主管)は15日、東京・板橋区立文化会館に都内の団員ら約2000人が参加して開催した。74年間、祖国の発展と韓日友好、平和統一と生活の安定を願い、懸命に生きてきたことを再確認し、よりよい共生社会を築くため①韓日関係...

2019-08-16

韓日関係改善への提言…韓日の知識人が語る

 日本が半導体などの材料3品目の対韓輸出規制を強化、7日には「グループA(輸出管理の優遇対象国)」から韓国を除外する政令を公布した。韓国も強い抗議と遺憾の意を示すとともに即座の撤回を重ねて促した。一部の日本紙は両国の対立関係を「一触即発」とあおる。関係改善の道はないのか。李元徳国民大学教授と朴喆煕ソウル大学国際大学院教授、澤田克己毎日新聞外信...

2019-08-15

【寄稿】朝鮮人とアイヌ民族 歴史的なつながり

 植民地統治期をはるかにさかのぼる近代の極めて早い時期、過酷な労働から脱出した朝鮮人をアイヌの人々が支援し、定住を助けていたことが苫小牧駒澤大学の石純姫教授の研究で明らかになった。石教授は14年前、アイヌ文化伝承者の朝鮮人と出会ったことに衝撃を受け、歴史的なつながりが形成された過程について調査・研究を進めてきた。その成果をまとめた『朝鮮人とアイヌ民族の歴史的...

2019-08-15

「韓日友好の絆」絶やすな…中央団長光復第74周年慶祝辞

「韓日友好の絆」絶やすな…中央団長光復第74周年慶祝辞 中央団長 呂健二  親愛なる同胞の皆さん!  過酷な植民地支配から解放されて、74年目となる8月15日を迎えました。

2019-08-15

活気とり戻す新大久保商店街

 新大久保コリアンタウン(東京・新宿区)を訪れる10代、20代を中心にした女性たちの間で注目されているのが、韓国料理やスイーツ、雑貨などインスタ映えする商品だ。なかで...

2019-08-14

生活に根付いた総合芸術、農楽を知ろう

 2014年にユネスコ世界無形文化遺産に登録された農楽は、韓国に古くから伝わる伝統打楽器を用い、大人数で演奏しながら様々なパフォーマンスを行う韓国では最も大衆的な伝統芸能だと言っても過言ではない。農楽は文字通り、農家、農民、農村の音楽という意味で、農村地方で古くから継承され、村の共同体の和合と住民の安寧の祈願に向け、伝統打楽器等を合奏のみならず演劇等も繰り広...

2019-08-14

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved