最新ニュース リスト

千葉にも生活相談センター…全国18番目

地域同胞の拠り所に  【千葉】民団千葉県本部(高炳佑団長)は10月28日、同本部内に「ちばみんだん生活相談センター」を開設した。全国で18番目になり、首都圏としては昨年開設した埼玉についで3番目となる。開設式には中央本部から呂健二団長、みんだん生活相談センターの金昭夫所長をはじめ、民団千葉の関係者らが参席した。...

2020-11-10

食文化で深めた交流…自由が丘で韓国フェスティバル

   社団法人日韓農水産食文化協会(趙善玉会長)は「住みたい街」として上位に名を連ねることが多く、女性に人気のある街、東京・自由が丘駅のロータリー前で3日までの7日間、「自由が丘韓国フェスティバル」を開催した。  慶尚北道と日本韓食振興協会(崔光礎会長)と地元の自由が丘不動産プラニングが後援した同イベント...

2020-11-10

国体は延期になったけど親善試合で燃えた!サッカー同胞選抜

 在日本大韓蹴球協会(李根錫会長)は25日、東京北区の赤羽スポーツの森公園競技場で韓日親善サッカー大会を開いた。本来なら、10月8日から亀尾市と慶尚北道一円での第101回全国体育大会(国体)に在日同胞選抜チームを派遣する予定だった。  しかし、今年は新型コロナウイルスの関係で来年に延期された。李会長は「韓国国体は在日同胞選手にと...

2020-10-28

コロナ禍でも絶やさぬ、地域密着型韓日交流…10月のマダン

 新型コロナウイルスの関係で民団の各種イベントや行事が中止または延期が続いている中、民団創団記念日の10月3日に合わせた「10月のマダン」が各地方で開催された。民団中央ではこの間、各級組織に対し団員と同胞の健康と生命を最優先する立場から新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を優先し、各種事業やイベント等を縮小、延期、中止等の措置を取っていた。しかし、日本政府の...

2020-10-28

地方協議会がスタート…九州を皮切りに活動再開を探る

東北はリモート会議で  民団の各地方協議会が九州を皮切りにスタートした。通年なら、同会議は前半期に開催していたが今年は新型コロナウイルスの関係で延期していた。  開催を見送っていた4月と9月の全国地方本部団長・中央傘下団体長会議の代替え措置でもあり、...

2020-10-28

「誇り高き歴史を継承へ」婦人会新会長 劉代永氏に聞く

 【奈良】奈良県からは初となる婦人会中央本部会長の座を射とめた。周囲は「竹を割ったような気性」という。一度引き受けたからにはどんなことがあっても最後まで役職をまっとうするしんの強さで人望を集めてきた。  立候補を決意したのは登録開始を10日後に控えた9月18日のこと。婦人会中央本部70年の歴史を振り返っても「直轄」は初めて。正常...

2020-10-27

「俺だって大阪市民や!」投票権なき「都構想」…SNS上に在日同胞の疑問

 【大阪】大阪市を廃止し、東京23区のような4つの特別区に再編する「大阪都構想」の是非を問う特別区設置住民投票が11月1日に行われる。この住民投票では、選挙権を日本国民に限った公職選挙法の規定を準用すると定められており、外国籍住民は参加できない。SNS上では「俺だって大阪市民や!」という在日同胞のつぶやきも見られた。  大阪市に...

2020-10-19
2020-10-16

在外同胞財団 新理事長に金星坤氏

 外交部傘下機関の在外同胞財団の次期理事長に元共に民主党議員の金星坤氏(68)が内定したことが15日、与党関係者らによって確認された。  これを受け、文在寅大統領は一両日中に金氏を在外同胞財団の理事長に任命するものと見られ、早ければ今月末から任期3年の理事長として活動を開始する見通しだ。在外同胞財団は、在外同胞が民族的な絆を保ち...

2020-10-15

呂団長、公明幹部と会談…コロナ対策協力や韓日関係など意見交換

 民団中央本部の呂健二団長は15日午後、公明党の山口那津男代表らと面談し、新型コロナウイルスの支援策などについての意見交換を行った。  この日、民団からは呂団長、鄭夢周副団長、徐元喆事務総長らが東京都内、新宿区南元町の公明会館を訪れ、山口代表をはじめ石井啓一幹事長、竹内譲政調会長、国重徹衆議院議員が応対した。

2020-10-15

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved