地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 最新ニュース
「愛知県生活相談センター」民団中央と共同歩調へ
看板を差し示す鄭博団長(右から2人目)と金昭夫所長(民団1F入り口)

 【愛知】「愛知県みんだん生活相談センター」が12月22日、「みんだん生活相談センターあいち」として再出発。「みんだん生活相談センター」は民団中央のほか地方6カ所に整備された。

 同センターは78年5月28日、民団愛知本部内に「生活相談室」として開設された。今日まで36年間続いており、累計の総相談件数は2300件にのぼる。今日の生活相談センターの先駆けともいうべき存在だ。

 懸看式には「みんだん生活相談センター」から金昭夫所長が出席。鄭博団長とともに新しい看板に付け替えた。鄭団長は、「生活相談室は、団員に還元する事業として、最も有用。よりいっそうの広報に努め、団員の権益向上に寄与したい」と抱負を述べた。

 相談日は当面第1、3金曜日の14〜17時(1回30分、完全予約制)を予定している。予約・問い合わせは同本部(052・452・6431)。

■□
地方センターと協力関係緊密に
中央で全体会議

 「みんだん生活相談センター」(金昭夫所長、民団中央本部副団長)は12月18日、東京・港区の八芳園で14年後半期の全体会議を開き、1年の活動を振り返った。専門相談員を中心に40人余りが参加した。

 はじめに金所長が、中央と地方センターの間でより一層の協力体制を構築していきたいと述べた。民団中央本部の呉公太団長は、出席の専門相談員に慰労と感謝の言葉を述べ、新任の韓忠瓢碧―饂痢糞都)に委嘱状を伝達した。

 続いて定例研究会に移り、駐日大使館の崔勝哲大法院領事が、「韓国家族関係登録に関する事例説明」を行った。

(2015.1.1 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
差別禁止条例制定をめざす…在日...
 在日韓国人法曹フォーラム(李宇海会長)は7日、都内のホテルで第6回定時会員総会を開いた。会員21人の出席で成立。17年度の報告があ...
偏見と蔑視に抗って…高麗博物館...
 韓日交流史をテーマとする高麗博物館(東京・新宿区大久保)で企画展「在日韓国・朝鮮人の戦後」が始まった。厳しい偏見と蔑視に負けず、今...
韓商連統合2年、安定軌道に…新...
金光一氏は名誉会長に 一般社団法人在日韓国商工会議所(金光一会長)の第56期定期総会が13日、都内で開かれた。定数156人全員(委任...
その他の最新ニュース
法曹フォーラムが広島でセミ...
 在日韓国人法曹フォーラム(李宇海会長)は12日、民団広島県本部で第7回公開セミナー「法律・人権セミナーIN広島」を開催し、広島...
生活相談センター…地方の拡...
金所長ら岡山、広島を巡回家族関係登録​診断キャンペーン 趣旨説明を開始 みんだん生活相談センターの金昭夫所長は11日...
本国で初の本格公演…婦人会...
 【釜山】婦人会福岡本部コーラス部「サランバン」が5日、龍頭山公園特設ステージで開催された「朝鮮通信使祝祭」韓日文化交流公演に初...

MINDAN All Rights Reserved.