地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 社会・地域
犠牲者に「国籍」はない…東京大空襲から70年、墓碑除幕
町会関係者に山崎孝明区長も加わった除幕式

同胞5家族20人の名前も刻む

 1945年3月の東京大空襲から70年。江東区森下5丁目(旧深川区高橋5丁目)の猿江橋西詰めに建つ犠牲者の霊を慰める八百霊(やおたま)地蔵尊の隣りに、新たに同胞を含む町民犠牲者786人の名前を刻んだ墓碑が完成した。森下5丁目の町会関係者5人が建設発起人を務め、昨年1月から準備してきた。

 墓碑は高さ1・3叩横幅1・6叩厚さ12造慮羆得弌420人の名前を刻んだ東面(御堂側)には3家族10人、366人の西面(公園側)にも2家族10人の在日韓国人の名前が刻まれている。建設費用の多くは町会有志と各地の遺族、建設趣意書に賛同した有志から寄せられた300万円近い寄付金でまかなった。

 外国籍住民の名前を一緒に刻んだことについて清水健二町会長は、「かつてこの町に住んでいた証しを後世に残すのに、犠牲となった日本人と韓国人を区別することは許されない」と語った。

 8日、八百霊地蔵尊の70回忌供養式を兼ねた除幕式で山崎孝明江東区長は、「辛い、悲しい、くやしい、無念のうちに亡くなった人を供養したいという皆さんの温かさが碑から感じられる。すばらしいことだ」と称賛した。当時、山崎区長はまだ1歳。火の中、逃げ惑う母親の背中で眠って幸いにも生き残ったという。

 もとになった名簿は、空襲直後に戦時国債購入者名簿をもとに町会が作った「高橋五丁目戦災死没者過去帳」。13回忌の57年には新たに判明した名前を加え、「高橋五丁目戦災犠牲者俗名録」という巻物にして町会長が大切に保管してきた。

(2015.3.18 民団新聞)
 

最も多く読まれているニュース
差別禁止条例制定をめざす…在日...
 在日韓国人法曹フォーラム(李宇海会長)は7日、都内のホテルで第6回定時会員総会を開いた。会員21人の出席で成立。17年度の報告があ...
偏見と蔑視に抗って…高麗博物館...
 韓日交流史をテーマとする高麗博物館(東京・新宿区大久保)で企画展「在日韓国・朝鮮人の戦後」が始まった。厳しい偏見と蔑視に負けず、今...
韓商連統合2年、安定軌道に…新...
金光一氏は名誉会長に 一般社団法人在日韓国商工会議所(金光一会長)の第56期定期総会が13日、都内で開かれた。定数156人全員(委任...
その他の社会・地域ニュース
本国で初の本格公演…婦人会...
 【釜山】婦人会福岡本部コーラス部「サランバン」が5日、龍頭山公園特設ステージで開催された「朝鮮通信使祝祭」韓日文化交流公演に初...
在日1世が開発「平壌冷麺」...
東京・大田区「名物グルメ」認定 李致鎬さん 板門店での南北首脳会談後、メーンの夕食料理として供された平壌冷麺がソウル市内の専門店...
いちご摘んで韓国語学習も…...
 【奈良】民団奈良本部(李勲団長)は4月22日、高市郡明日香村でオリニを対象としたウリマル野外学習を行った。同本部としてはこれが...

MINDAN All Rights Reserved.