地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
<訪ねてみたい韓国の駅27>南倉…東海南部線
東海南部線線路側から見た南倉駅の駅舎。三角屋根を2つ重ねた珍しいデザイン
加藤清正が築いた西生浦倭城。戦国時代の日本が朝鮮を侵略したことを実感できる

文化財登録駅舎の第1号

 近代化・高速化の波が押し寄せている韓国の鉄道。線形改良によるルート変更によって、多数の昔懐かしい駅が失われた。文化財として登録された駅も次々とお役御免となり、多くはぽつんと駅舎だけが保存されている。

 そんな中で、奇跡的に現役で生き残りそうな駅がある。蔚山広域市の郊外にある、東海南部線南倉駅だ。

 南倉駅は、1935年に東海南部線の全通と同時に開業した。駅舎は、開業当時から使われている木造駅舎。日本によって建設された駅だが、駅舎の入口に切妻屋根を設けず、ひさしのみを置いた、韓半島でよく見られるスタイルだ。一方線路側にまわると、二つの切妻屋根をずらして重ねた、珍しい構造を備えている。駅舎側面上部に見える丸窓は、昭和初期に日本で流行した意匠。2002年に全面的な改修が行われたが、基本的な駅の構造は保存され、2004年には大韓民国近代文化遺産として登録文化財105号に登録された。2018年現在、韓国で文化財登録された駅舎は全部で24カ所あるが、南倉駅は現役の駅として初めて登録された駅である。駅の隣に、かつて鉄道職員の住宅として使われた建物が現存しているのも興味深い。

 蔚山広域市南部の平野に位置する南倉の集落は、土地が肥沃で昔から農業が盛んな地域だ。開業当時は駅に隣接して穀物倉庫が置かれ、貨物列車が頻繁に発着したという。今では貨物は取り扱っていないが、毎月3と8の付く日には駅のすぐ近くで市場が開かれている。

 駅前から、715番のバスに乗って20分ほど。海水浴場で有名な鎮下(ジナ)を訪れよう。バスを降りて集落の山側に目を向けると、日本で暮らす人には見慣れた、しかし違和感を感じる光景が見えるはずだ。武者返しのある反り返った石垣。ひと目で、日本の城の石垣とわかるだろう。

 ここは、西生浦倭城。壬辰倭乱(豊臣秀吉の朝鮮侵略)の際、加藤清正が築いた城郭の跡だ。石垣は、当時の海岸から山頂まで取り囲むように続いており、日本の軍勢の多くが、ここから韓半島に上陸した。

 山頂には、本丸の石垣がほぼ完全な形で残る。天守などの建築はすべて失われたが、その構造はまさしく日本の城だ。日本に残る城跡は、ほとんどが江戸時代に幕府の威光を示す施設に作り変えられたものだが、西生浦倭城は、戦闘用城郭の構造をよく残している。そのため、日本の城郭研究の貴重な資料になっているというのが皮肉だ。春には本丸跡に桜が咲き誇り、鎮下の穏やかな海岸も見晴らせる。その美しさに、心が痛む。

 日韓に横たわる歴史を、近代、そして戦国時代の両面から観察できる南倉駅。ここを通る東海南部線では、ご多分に漏れず複線電化工事が進行中だ。完成すれば、釜山広域市の釜田駅と、蔚山広域市の太和江駅の間を地下鉄と同じ近代的な通勤電車が走る。半分以上の区間が直線とトンネル主体の路線に作り直され、途中駅も多くが移転あるいは新設される。

 そんな中、南倉駅周辺の区間は幸運にも移転を免れた。文化財に登録された駅舎は、今後も町の玄関であり続けるだろう。もっとも、昔ながらの客車列車が発着する光景を見られるのはあとわずか。釜田駅から1時間弱と手軽な場所にあるので、今のうちに訪れておきたい。
栗原景(フォトライター)
 
最も多く読まれているニュース
差別禁止条例制定をめざす…在日...
 在日韓国人法曹フォーラム(李宇海会長)は7日、都内のホテルで第6回定時会員総会を開いた。会員21人の出席で成立。17年度の報告があ...
偏見と蔑視に抗って…高麗博物館...
 韓日交流史をテーマとする高麗博物館(東京・新宿区大久保)で企画展「在日韓国・朝鮮人の戦後」が始まった。厳しい偏見と蔑視に負けず、今...
韓商連統合2年、安定軌道に…新...
金光一氏は名誉会長に 一般社団法人在日韓国商工会議所(金光一会長)の第56期定期総会が13日、都内で開かれた。定数156人全員(委任...
その他の文化・芸能ニュース
韓国伝統の4山寺…世界文化...
3寺は見送り 韓国が世界文化遺産への登録を申請していた「韓国の伝統山寺」7寺について、登録の可否を事前審査する国連教育科学文化機...
韓国の手仕事を味わう…ポジ...
 ポジャギ工房koe(兵庫・神戸市)が2年ごとに開催する「韓国の手仕事 ポジャギ〜繋in東京2018」が10日〜15日まで、東京...
韓国麺料理ガイド…観光公社...
 韓国観光公社大阪支社ではこのほど、韓国のご当地を代表する麺料理の由来や特徴、有名店、関連観光地などを紹介する「韓国麺BOOK」...

MINDAN All Rights Reserved.