地方本部 HP 記事検索
特集 | 社会・地域 | 同胞生活 | 本国関係 | スポーツ | 韓国エンタメ | 文化・芸能 | 生活相談Q&A | 本部・支部
Home > ニュース > 文化・芸能
高麗博物館企画展示(17.06.14)
 有田焼400年記念・韓国伝統音楽と舞「今よみがえる高麗の音・舞」 24日。高麗博物館(東京・新宿区)。14〜16時。参加費2000円。定員60人。 出演は李明姫(カヤグム、唱)、辛錦玉(舞)、李昌燮(チャンゴ)、朴聖賢(テグム)。予約は同館(03・5272・3510)。(2017.6.14 民団新聞) 

韓国の「俗信」いろいろ…調鋩邏擬が解説(17.05.31)
今も社会に一定の影響力 韓国文化院講演会シリーズ「韓国の俗信の世界」が17日、東京・新宿の同院ハンマダンホールで開かれた。講師の調鋩酖豎ぢ膤惺餾欟軌薀札鵐拭雫擬は、韓国の社会で広く信じられてきた迷信や言い伝えを、自らの体験を交えながら紹介。後半は参加者も加わり、正しい俗信を当てるクイズも行われた。俗信は日本と共通のものもあれば、似て非なるものもある。また、...

実相寺仏頭から写経みつかる…銀粉で書いた大般若波羅密多教(17.05.31)
 仏教文化財研究所は24日、「実相寺の極楽殿に安置された乾漆仏像の頭の中から高麗時代に書かれた『桑紙銀泥大般若波羅密多経』が発見された」と明らかにした。 仏教経典である大般若波羅密多経を銀粉(銀泥)で書いた写経は、国内に4点伝えられているが、このうち慶州の祇林(キリム)寺の毘盧遮那仏から発見された写経3冊は宝物第959号に指定されている。乾漆仏像の保存状態を...

<<  4 5 6 7 8 9 10 11 12 13  >>
最も多く読まれているニュース
差別禁止条例制定をめざす…在日...
 在日韓国人法曹フォーラム(李宇海会長)は7日、都内のホテルで第6回定時会員総会を開いた。会員21人の出席で成立。17年度の報告があ...
偏見と蔑視に抗って…高麗博物館...
 韓日交流史をテーマとする高麗博物館(東京・新宿区大久保)で企画展「在日韓国・朝鮮人の戦後」が始まった。厳しい偏見と蔑視に負けず、今...
韓商連統合2年、安定軌道に…新...
金光一氏は名誉会長に 一般社団法人在日韓国商工会議所(金光一会長)の第56期定期総会が13日、都内で開かれた。定数156人全員(委任...
その他の文化・芸能ニュース
運命の出会い「飲食知味方」...
朝鮮朝時代の両班宗婦・張桂香の著作韓国料理研究家の趙善玉さん「広く伝えることが使命」 料理の世界に身を投じて20年になる韓国料理...
<訪ねてみたい韓国の駅30...
歴史伝える赤レンガ駅舎 赤レンガの駅舎が、行き交う人々を見守っている。 韓国の鉄道の玄関、ソウル駅。1925年に竣工した赤レンガ...
<訪ねてみたい韓国の駅29...
開業100年、世界遺産の玄関 歴史ある古都の玄関には、それにふさわしい風格が備わる。韓国の古都と言えば、新羅の都、慶州だ。その玄...

MINDAN All Rights Reserved.