2013orini
  韓国語
地方本部 HP 記事検索
生活相談Q&A 事例
Home > Q&A >

■国民登録番号の取得
Q 戸籍は持っていますが国民登録番号が記載されていません。民団登録番号はあります。手続き方法を教えてください。韓国へはよく行きますのでどこですればよいのか、あるいは日本でもできるのでしょうか。
A 戸籍に記載されている国民登録番号は、住民登録番号といい、本国の人にのみ記載されています。在日同胞の場合は空欄として表示されます。在日としては、住民登録番号を取得する方法はありません。ただし、日本の永住権を放棄し、本国に永住帰国をすれば取得できます。

■在外国民登録簿について
Q 父が亡くなり韓国の不動産を弟の名義に変えたいので、韓国の司法書士に頼んで手続きお願いしたところ、国民登録番号の記載が必要といわれました。国民登録番号の取得にはどうしたらよいのでしょうか。
A 本国の不動産を相続する際、在日は住民登録番号の替わりに在外国民居住事実証明として在外公館で発行する在外国民登録簿謄本を添附します。また、その不動産を登記する際は、住民登録番号の替わりにソウル地方法院登記課で不動産登記用登録番号を付与してもらいます。在外国民登録簿謄本は、居住地を管轄している在外公館で発行しています。申請は民団支部でもできます。
  ◇民団のホームページで韓国不動産の取得、登記などを詳細に案内していますので參照願います。「法と生活」(該当項目クリック)

■不動産売却に必要な書類
Q 私は在日一世ですが、事情があって韓国内の不動産を売却したいのですが、韓国に行く前に、日本でどのような書類を準備したらいいのでしょうか。
A 在日韓国人が韓国国内の不動産を取得または処分し登記を申請する場合の手続きは、国内の人が不動産を取得・処分する時と同じです。ただし、住民登録標謄(抄)本の代わりに「在外国民登録簿謄本」が必要になります。また、住民登録番号の代わりに「不動産登記用登録番号」を取得しなければなりません。
  日本で準備する書類は〆潦姐駝嬰佻進軻ニ棔丙潦宛館発給)印鑑証明です。印鑑証明は、登録する印鑑と旅券、外国人登録証を持って在外公館で登録申請します。登録申請した書類を持って韓国の役場で登録します。


MINDAN All Rights Reserved.