フォトギャラリー

民団は在日同胞が、豊かで明るく生きていくことができるよう、様々な事業・運動を展開しています。


フォトギャラリー

掲載日 : [19-10-25]   照会数 : 697

<韓国国体特集>メダル23個…在日選手団総合準優勝の記録

  • [ 開会式で入場行進する在日同胞選手団 ]

  • [ スカッシュは5日の予選を男女揃って白星発進した。翌日の決勝ラウンドで男子の李閒鏞は準々決勝で敗退したが、女子の徐華瑛は2年ぶりに金メダルを獲得した。この金メダルが今回の在日同胞選手団、第1号だった。 ]

  • [ 7日のテコンドに在日同胞は男女8種目中、7種目にエントリーし、金メダル3、銀2、銅2と全員がメダルを獲得した。 ]

  • [ テコンドの試合を観戦する呉公太選手団長と在日同胞選手団役員 ]

  • [ 最後の種目、ゴルフは男女で奮起した。トップの在米国同胞チームを4打差で追っていた女子団体(姜美咲=写真左、姜智賢=同右)は最終日に快進撃を見せ、逆転で2打差をつけて金メダルを獲得した。 ]

  • [ 優勝奪還を狙うサッカーは大会2日目(5日)に在日カナダ同胞との初戦を3‐0で快勝し、白星発進した。翌日の第2戦、在ドイツ同胞にも3‐2で押し切り、勝ち点6とし、準決勝進出と思われたが、抽選の結果、在日同胞がグループ2位となり、準決勝進出を逸した。 ]

  • [ 5日から9日まで各種目が行われたボウリングは金メダルこそなかったものの、4日間の個人記録ベスト10の王者を選ぶマスターズ男子で呉亨錫=写真下=が銀メダルを獲得した。 ]

  • [ 卓球(8日決勝ラウンド)は昨年の覇者、女子の李仙が決勝に進んだが、在中国同胞に敗れ銀メダル、男女混合ダブル(李仙=写真左、梁慶地=同右)も銅メダルだった。 ]

  • [ 金メダルが有望だったテニスは豪雨のため試合会場がソウルから龍仁に変更し在日同胞はペースがつかめず、男子シングルスの成耀韓、女子シングルスの崔菜月、男子ダブルス(成耀韓、韓成珉)がそれぞれ準決勝で敗退し銅メダルに、女子ダブルス(崔菜月、尹栄淑)は決勝に進出したが在米国同胞に敗退し銀メダルにとどまった。 ]

  • [ 大会初日の4日に行われた柔道女子大学70㎏級には、今年6月の韓国ジュニア選手権で優勝した梁智瑛(19・武庫川女子大2年=写真)が出場。初戦、慎重に試合を運びすぎだのか、指導を3回受け、反則負けとなり、メダルを逃した。 ]

  • [ 体験参加のラグビーは5日、高麗大学と対戦。前半に大差をつけられたが、後半に入り、徐々に攻守のバランスが好転し、48‐38で逆転勝ちした。8日には慶煕大学と対戦し、54‐26で快勝した。 ]

  • [ 表彰台で準優勝杯を掲げる呉公太在日同胞選手団長(左) ]

  • [ サッカー協会では100回大会を記念して製作した特別ユニホームを崔相英在日本大韓体育会会長にプレゼントした ]

  • [ 3日の結団式で新韓金融グループから在日同胞選手団に激励金が贈られた ]


第100回を迎えた韓国の全国体育大会(国体)が10日までの7日間、蚕室総合運動場をはじめ、ソウル市内で開かれ、選手・役員約132人で臨んだ在日同胞選手団(呉公太選手団長)はサッカー、ボウリング、テニス、テコンド、ゴルフ、卓球、スカッシュの7種目と今年から新種目に加わった剣道の海外同胞8種目のほか、国内種目の柔道、水泳、ラグビー(体験参加)に出場した。金メダル5個をはじめ銀6、銅12の合わせて23個のメダルを獲得し、18カ国の海外同胞で競う「海外同胞の部」の総合で準優勝となった。

 
在日同胞のメダリスト
■金(5)
姜美咲、姜智賢(ゴルフ女子団体)
徐華瑛(スカッシュ女子)
金秀範(テコンド男子-80㎏級)
姜智奈(テコンド女子-49㎏級)
姜智海(テコンド女子-67㎏級)
 
◆銀(6)
呉亨錫(ボウリング男子マスターズ)
金晴朗、田修成(ゴルフ男子団体)
崔菜月、尹栄湖(テニス女子ダブルス)
李仙(卓球女子)
姜亨来(テコンド男子-68㌔級)
金信優(テコンド男子+80㌔超級)
 
◆銅(12)
田修成(ゴルフ男子個人)
姜智賢(ゴルフ女子個人)
趙大輝(テコンド男子-58㌔級)
姜智蓮(テコンド女子-57㌔級)
成耀韓(テニス男子シングルス)
成耀韓、鄭直喜(テニス男子ダブルス)
崔菜月(テニス女子シングルス)
李仙、梁慶地(卓球混合ダブルス)
金賢淑、韓瞳(ボウリング女子2人組戦)
鄭煕燮、呉亨錫、宋在豪(ボウリング男子3人組戦)
黄聖姫、韓瞳、金賢淑(ボウリング女子3人組戦)
鄭煕燮、呉亨錫、宋在豪、金学均、韓新悟、姜直樹(ボウリング男子5人組戦)

フォトギャラリー リスト

  [total : 8] ( 1 / 1 )
写真 タイトル 掲載日
<韓国国体特集>メダル23個…在日選手団総合準優勝の記録

第100回を迎えた韓国の全国体育大会(国体)が10日までの7日間、蚕室総合運動場をはじめ、ソウル市内で開かれ、選手・役員約132人で臨んだ在日同胞選手団(呉公太選手団長)はサッカー、ボ...
19-10-25
2019次世代サマースクール(中高生)

 在日同胞の中・高校生を対象に夏休みを活用して母国と触れあい、全国の同世代が連帯を広げる「2019在日同胞次世代サマースクール」(民団主催、在外同胞財団後援)の中学生コース(7月25日...
19-08-14
笑顔と涙の5日間… 2018オリニジャンボリー

 次世代たちが母国に一堂に集い、民族にふれ、仲間どうしの絆を深める2018在日同胞オリニジャンボリー(金昭夫引率団長)が7月28日から4泊5日間、ソウル市で開催された。 ...
18-08-06
民団中央団長杯第12回オリニフットサル全国大会

「民団中央団長杯第12回オリニフットサル全国大会」(在日本大韓体育会主催)が1日、三重県のカルチャービレッジ輪中ドームで開催され、北海道から福岡まで全国から16チーム約...
18-07-02
2018在日同胞オリニフェスティバル

5月3日、「2018在日同胞オリニフェスティバル」が開催されました。 (在日本大韓ボウリング協会・日本韓食振興協議会・民団東京荒川支部 共同開催) &nb...
18-05-22
色鮮やかな扇の舞に歓声…レクチャー公演に180人

韓日共同作品も披露  日韓交流レクチャー公演「韓国と日本の舞踊にみる扇」(日本伝統芸能教育普及協会むすびの会ほか主催)が2月23日、明治大学駿河台キャンパス(東京・...
18-03-07
<中央大会>呂健二団長を選出…70年の蓄積ふまえて前進

朴安淳議長、梁東一監察委員長  民団は22日、東京・港区の韓国中央会館で開かれた第54回定期中央大会で、任期満了にともなう3機関長の改選を行い、団長に呂健二・前中央...
18-02-28
新成人の門出祝う…夢の実現 民団が応援

親子2代の参加者も  民団は各地で成人式を開催した。今年の新成人は1997年4月2日から98年4月1日の間に生まれた人たち。この時期といえば、韓国がIMF危機を克服...
18-01-17
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved