社会・地域 リスト

荒川堤防下「関東大震災朝鮮人追悼碑」の庭に石仏が仲間入り

 東京都墨田区八広の荒川堤防下、「関東大震災時 韓国朝鮮人殉難者追悼之の碑」の建つ「ほうせんかの庭」に小さな石仏4体が仲間入りした。  石仏は「追悼碑」を守るかのように草木の陰にひっそり置かれている。在日同胞3世の辛淑玉さん(のりこえねっと共同代表)が寄贈した。制作者は沖縄在住の金城実さん。  荒河...

2020-09-09

関東大震災市民追悼集会300人集う…東京・荒川河川敷

 在日と日本の市民団体は5日、東京・墨田区の荒川河川敷、木根川橋下手で韓国・朝鮮人犠牲者追悼式を執り行った。82年から続いており、今年で39回目。主催団体は新型コロナウイルスの感染症対策のため、積極的な参加呼びかけは控えていたものの、市民300人以上が駆けつけ、追悼の祈りを捧げた。  主催者を代表して西崎雅夫さん(一般社団法人ほ...

2020-09-09

反ヘイト、川崎市に続け…3団体共同で神奈川県に条例要請

 【神奈川】「川崎市の次は神奈川県」。市民団体がヘイトスピーチを含むあらゆる差別を禁止する「神奈川県差別撤廃 人権尊重条例」の制定を県に要請した。川崎市は全国に先駆けて罰則付きの「市差別のない人権尊重のまちづくり条例」を7月1日から全面施行したばかり。また、相模原市も市長が積極的な姿勢を見せている。  要請書は「ヘイトスピーチを...

2020-09-09
2020-09-09
2020-09-09 09:35:00
2020-09-09 09:34:00

抜け落ちる加害の歴史「軍艦島‐朝鮮人強制連行の記憶」…資料館がロビー展

 「軍艦島-朝鮮人強制連行の記憶」と題したロビー展が東京・港区の韓国中央会館で開催されている。在日韓人歴史資料館がノンフィクション作家、林えいだいさんの遺作となった著書「写真記録 筑豊・軍艦島」から抜粋した。  軍艦島は長崎県にある小さな離島で正式名称は端島(炭鉱)。海に浮かぶ姿が軍艦土佐に似ていることからそう呼ぶようになった。...

2020-09-09
2020-09-09 09:10:00

「やっと戻って来た」8カ月ぶりに里帰り…本国で事業営む在日3世

   日本政府が1日から特別永住者以外の在留資格を持つ外国人の再入国を全面的に解禁したことで、韓国に滞在していた同胞らもようやく日本に帰ってきた。  韓国ソウルでフォト・ウェディング社「アジェリーナ」を営む、在日3世の金宗洙さん(43歳)は約8カ月ぶりとなる2日に家族4人で日本に戻ってきた。 ...

2020-09-07

育鵬社の教科書、大多数の地域・学校で取りやめる

 2015年の採択で歴史認識や憲法観などをめぐって賛否の分かれていた「新しい歴史教科書をつくる会」の流れをくむ育鵬社版の中学歴史・公民教科書を採択した各地の教育委員会が、次々と他社版に切り替えていったことが1日までに分かった。  中学校教科書の採択は原則4年に1度行われる。2021年度から新学習指導要領が実施されるのに伴い、8月...

2020-09-06

〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved