法律相談Q&A

在日同胞の、在日同胞による、在日同胞のための生活者団体


法律相談Q&A 内容

掲載日 : [22-10-27]   照会数 : 437

アイドル活動と違約金…業務委託でも一般常識で検討を

Q

 私の子は芸能事務所に所属し、アイドル活動をしています。最近は知名度も上がり、毎日忙しくレッスンやライブ活動に励んでいます。

 そのような折、体調不良でライブを休んだことがあったのですが、そのライブが大事な舞台だったようで、事務所から「契約違反だ」として違約金100万円を請求されました。この支払いには応じなければならないのでしょうか。芸能関係には詳しくないので、こうした業界ルールがあるのでしょうか。

A

 アイドルは所属事務所の指示に従って、ライブやメディア活動などを行います。なぜなら、アイドルと事務所との間には契約関係があるからです。この契約が労働契約(定額給料制)か業務委託(歩合制)かはケースバイケースですが、一般的には業務委託(歩合制)が多いといわれています。

 ただ、どちらの契約であるにせよ、事務所が損害賠償請求するには、アイドルに故意・過失、すなわち落ち度がなければなりません。

 人間である以上、体調不良など、やむを得ず休むときもあるでしょう。しかしながら、体調不良をアイドルの落ち度とするのは、あまりにも酷です。

 このため、体調不良を理由とする損害賠償請求は認められず、本件では支払う必要はありません。

 ただし、体調不良になった原因に契約違反や法律違反があったときは、落ち度があるとして、損害賠償が認められてしまいます。

 たとえば、契約で「22時以降の外出禁止」とあるのに深夜外出して体調を崩した(契約違反)、未成年飲酒(法律違反)などです。

 では、損害賠償が認められた場合、いくら支払わなければならないのでしょうか。原則は、アイドルが休んだことで生じた損害額(チケットやグッズ売上などの減少分)です。

 しかし事務所がこうした損害額を証明することは難しいでしょう。このため契約に「契約・法律違反があったときは〇〇円支払え」という違約金が定められることが多いのです。

 では、こうした違約金条項があった場合、その金額を支払うべきなのでしょうか。ここで問題になるのが、はじめに触れた労働契約と業務委託契約の違いです。

 労働契約の場合、違約金を支払う必要がありません。法律上、労働者(アイドル)を守るため、労働者と使用者(事務所)との間で、あらかじめ違約金を定めてはならないからです。

 そうなると、この契約が労働契約かどうかが大事になります。これは様々な要素(アイドルが仕事を断ることができるか、報酬の決定権や著作権がどちらにあるかなど)を総合考慮して判断されるので、省略します。

 なお、もし業務委託契約であったとしても、落ち度に比して支払額が大きいときは、暴利行為として違約金を払う必要がないこともあります。

 以上、芸能関係にも一般取引と同じルールが適用されるので、芸能関係だからといって構えることなく、一般常識にそって請求に応じるべきか検討しましょう。
弁護士 河景浩

法律相談Q&A リスト

  [total : 38] ( 1 / 2 )
番号 タイトル カテゴリー
38 アイドル活動と違約金…業務委託でも一般常識で検討を ビジネス
37 財産相続と民事信託…安心して家族に財産管理 相続
36 残業代・未払賃金の請求…管理責任者とは認められない場合も ビジネス
35 無断駐車された場合…所有者に自主的に撤去してもらう 不動産
34 「黒い雨訴訟」と被爆者健康手帳…原告以外でも交付申請可能 生活情報
33 交通事故の損害賠償…多岐にわたる賠償額の目安 生活情報
32 離婚と養育費…期間は子が自立するまで 結婚
31 実母と異なる戸籍記載…「親子関係存否確認」の訴えを 相続
30 韓国籍家族の死亡時の手続…死亡届記載事項証明書を請求 その他
29 この部屋、事故物件?…自然死などは告知義務なし 不動産
28 日本の公務員、韓国籍では…「権力的」公務員には制限 国籍
27 国籍が違う夫婦の離婚…どちらの法に拠るか注意を 結婚
26 売掛金回収…仮差押えは周到に準備 ビジネス
25 隣家の木の枝越境してきた…勝手に枝を切れません 生活情報
24 性犯罪被害と匿名性…不安解く手立て様々に 生活情報
23 コロナ理由の休業とアルバイトの補償…正社員と同等に ビジネス
22 コロナ禍の従業員の解雇…4つの要件満たす必要 ビジネス
21 2重国籍の選択…成人になった時の意思に 国籍
20 突然の賃貸解約通知…「正当事由」あるかの争いに 不動産
19 主権免除について…「絶対」から「制限免除」へ ビジネス
18 韓国保有財産から借金の回収方法は…韓国の裁判所に提訴 生活情報
17 賃貸物件修繕と改正民法の関係…貸借人の権利が明文化 不動産
16 受遺者が先に死去...「予備的遺言」の活用を 相続
15 単純承認と限定承認 …財産管理人選任と清算手続きを 相続
14 韓国に相続人、遺産分割は …家裁に調停申し立ても 相続
13 不倫と離婚…婚姻費用の請求が可能 結婚
12 相続登記 遺言書の有無で大きな差 相続
11 残業代の請求…証拠の確保が重要 ビジネス
10 店舗賃料の減額請求…まず「民事調停」申し立て ビジネス
9 簡易裁判所で少額訴訟 貸した10万円 返してもらう 財産
8 死後認知、速やかに訴訟提起を 相続
7 相続人が不明な財産…所有権を「時効」により取得 相続
6 遺言のメリット…日本法での相続が可能に 相続
5 韓日国際結婚と姓名 選択肢は多数…家族で相談を 結婚
4 離婚 韓国人同士なら韓国法で 結婚
〒106-8585 東京都港区南麻布1-7-32
TEL : 03-3454 -4901 ~ 8  FAX : 03-3454-4614
© Copyright 2018 MINDAN. All Rights Reserved